Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手が汚れない「ポリ袋でチーズバーグ」。袋のまま茹でちゃいます

配信

女子SPA!

「手抜きご飯って、結局は手抜きにしか見えないよね」。数多くのレシピ本を横目に、こんなつぶやきをしていませんか。気持ちはわかります。しかしプロの家政婦が作る手抜き料理は、レベルがまったく違うのです。 ⇒【写真】ガランティーヌ 『予約のとれない家政婦makoの心底おいしい! 手抜きご飯 myベスト』は、アイデア料理研究家であり、予約殺到の家政婦makoさんが考案した「最速」&「激うま」なレシピ本。多数の著書を持つmakoさんが、手抜きに見えない究極の手抜きっぷりを披露。その数なんと104品!  さっそく紹介していきますね。

調理器具を使い倒す

 本書のポイントは、どこの家にもある家電や道具を使い倒しているところ。ポリ袋に電子レンジ、炊飯器にトースターにフライパン。難しくもなく、高価でもありません。つまり、節約も考慮されているんです。  まずは「手抜きご飯BEST10」の第1位、「ポリ袋inチーズバーグ」のレシピからいってみましょう。 ☆ポリ袋inチーズバーグ ※調理時間35分 ※ポリ袋は表示を確認し、ボイル可能なものを選ぶ  【材料(2人分)】  A  合びき肉  260g  玉ねぎ  中1/2個(みじん切り)  卵  1個  パン粉  1/2カップ  スライスチーズ  2枚  B  塩・こしょう  各少々  ケチャップ  大さじ3  中濃ソース  大さじ3 <作り方> 1 ポリ袋にAと塩・こしょうを入れて混ぜ合わせ、菜箸などで押さえて2等分にする。 2 タネの真ん中に4つ折りにしたスライスチーズを置いて袋の上から押し、埋め込んだら丸く形を整える。 3 Bを合わせて2に加え、空気を抜いて袋の口を上の方でしばる。 4 鍋に湯を沸かして耐熱皿を敷き、3を入れて30分湯せんする。 ※肉ダネをスプーンなどで押してみて、弾力があれば火の通りはOK。  この状況下で長時間自宅にいると、気も滅入ってしまいます。そんな時は、粘土をこねる感覚で、料理で遊んじゃってはいかが。ポリ袋の上からこねるので、手もまったく汚れません。ストレス解消のあとに、おいしくいただいてしまいましょう。  私も作ってみましたが、ポリ袋で調理などほとんどしないので、最初は手間取りました。結果、材料の量に合わせてポリ袋の大きさを決めるのが、マイベストでした。何種類か取り揃えておくといいかもしれません。

【関連記事】