Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

移籍が転機に…前球団が放出を後悔するほどの活躍を見せた選手は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 今シーズンは巨人の高梨雄平や、日本ハムの杉浦稔大といった、トレードで他球団に移籍した選手の躍進が目立つ。特に高梨は9月15日現在、24試合に登板して12ホールド、防御率0.86と圧巻の数字を残しており、放出した楽天からすると「放出しなければよかった……」と思える活躍を見せている。今回は、2005年以降で「前球団が放出を後悔するほどの活躍を見せた選手」をピックアップしてみた。 トレード物語 中日から楽天移籍で大ブレークした「天才打者」とは

移籍先で首位打者に……

 まずは楽天で活躍した鉄平だ。2001年ドラフト5位で中日に入団した鉄平だが、ファームでは活躍するものの、一軍での出場機会がなかなか得られない日々が続いた。そのため、2005年オフにトレードで楽天に放出。楽天では9打席連続三振を記録することもあったが、1年目から打率.303をマークし、チームの主軸として活躍した。その後は不動のレギュラーとなり、2009年には打率.327で首位打者のタイトルを獲得。球界屈指のバッターに成長した。  2006年に交換トレードで広島から西武に移籍した福地寿樹も、新天地で活躍した選手。広島時代はリーグ2位の盗塁を記録したこともあったが、右足首の靱帯を切断するなどの不運もあり成績は下降し、放出されることになった。ところが、西武では開幕から好調を見せ、シーズン序盤で早々にレギュラーを獲得。最終的に91試合に出場して打率.289、4本塁打と活躍、リーグ3位となる25盗塁を記録した。翌2007年も117試合で打率.273、28盗塁をマーク。この年のオフにFAの人的補償でヤクルトに移籍し、そこでも2年連続の盗塁王に輝き、広島と西武の2球団を悔しがらせることとなった。  2017年にリーグ最多ホールドを記録した阪神の桑原謙太朗は、2度の移籍を経て大成した選手だ。2008年ドラフト3巡目で横浜に入団した桑原は、思うような結果が残せず2010年オフにオリックスに放出。ところがオリックスでも活躍できず、阪神に放出されることになる。阪神でも苦しいシーズンが続くが、阪神3年目の2017年にセットアッパーに起用されると才能が開花。67試合に登板してリーグトップの39ホールドを記録した。阪神に欠かせない存在となった桑原は、2018年も62試合で登板。現在は右ヒジ痛で戦列を離れているが、今季は復活が期待される。

【関連記事】