Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「白髪」は英語でなんと言う?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人公論.jp

***** I hope I can go gray gracefully. (品のあるグレイヘアになりたいわ。) 【キーワード】 go gray gracefully=品のあるグレイヘアになる ***** ◆白髪は「white hair」かと思いきや 最近、日本では白髪を染めずに、おしゃれに手入れする「グレイヘア」が注目されていますね。もともと英語では、「白髪」のことをwhite hairより、gray hairと言うことのほうが多いのです。そして「白髪になる」ことはgoing gray、「私は白髪になっている」は、“I am going gray.”。ちなみにアメリカではgray、イギリスではgreyというスペルになります。 そして皆、go gray gracefullyを目指しています。gracefully(グレースフリー)とは、「優美に、上品に、しとやかに」という意味。つまり、うつくしく品のある、まさに「グレイヘア」を目指しているのです。そして、グレイヘアでのおしゃれを楽しむために、get highlights (ゲット・ハイライツ。ハイライトを入れてもらうこと)などをします。 しかし染めても、すぐに根元から元の色が出てきてしまいますね。そんな時、"Oh no! My roots are showing! ”(オー・ノー、マイ・ルーツ・アー・ショーイング! もういやだ! 根元が見えてきちゃった!)などと言って嘆くのです。 僕の母の髪は、半分は白くて、半分が黒いままです。完全に白くしてしまったほうがいいのか、黒く染めたほうがいいのか、迷っているようです。この半分半分の状態はsalt and pepper(ソルト・アンド・ペッパー。塩とコショウ)と言います。日本では、「ゴマ塩頭」などと言いますね。 また「若白髪」は、premature graying。premature(プリマチュア)は、「ふつうより早い。早発の」といった意味。白髪は年齢や国を問わず、悩ましいことのひとつですね。

ルーク・タニクリフ

【関連記事】