Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“九州のソウルフード”「ブラックモンブラン」の歴史を受け継ぐ5代目社長・竹下真由に迫る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

8月18日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、アイス「ブラックモンブラン」を守り続ける佐賀県の竹下製菓5代目社長・竹下真由さんに密着する。累計販売数が10億本を突破した「ブラックモンブラン」は50年以上も愛され続けているご当地アイスで、九州のソウルフードとの呼び声も高い。 【写真を見る】長年愛されているご当地アイス「ブラックモンブラン」 ■ 34歳の若さで5代目社長に 1981年に竹下家の一人娘として生まれ、高校卒業後に将来家業を継ぐため大学で経営工学を専攻した竹下さん。卒業後、自分の力を試すために東京のコンサルタント会社に4年間勤務。そこで東京から優秀な婿養子を連れて佐賀に帰る計画を立て、見事に同期の男性と結婚。29歳で佐賀に戻り、竹下製菓に入社。34歳の若さで5代目の社長に就任した。 一見すると、順風満帆な人生だが、「ブラックモンブラン一辺倒では、いつかは廃れてしまうかもしれない」という危機感が常にあるという。 先月、九州では記録的な豪雨が発生した。アイスは雨が天敵。雨が降ると売れない。また、佐賀駅前のホテルも経営しているが、昨今のコロナ禍の影響で大赤字になった。 それでも竹下さんは、前向きに商品開発のヒントを得るべく目を光らせる。「ブラックモンブランが頑張ってくれているうちに次のチャレンジをして種まきをしたい」と、常に新たな挑戦をし続ける彼女の7つのルールに迫る。 ■ ブラックモンブランを実食 スタジオでは出演者たちが「ブラックモンブラン」を実食。長崎出身の長濱ねるは、「子どもの頃からアイスと言えば“ブラックモンブラン”でした」と懐かしむ。一方、その横で食べていた尾崎世界観のアイスがなんと“当たり棒”。スタジオは盛り上がりを見せる。さらに「大ヒットの後は、すべてが難しい」と話す本谷有希子とYOUに、尾崎が発したある言葉でスタジオに笑いがおこる。(ザテレビジョン)

【関連記事】