Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<千葉雄大>宇宙飛行士役でドラマ主演 “三密”避けスタジオで一人芝居 “元恋人”門脇麦&“AI”吉岡里帆と三角関係に?

配信

MANTANWEB

 俳優の千葉雄大さんが、テレビ東京で7月24日深夜から放送される「ドラマ24」特別編「40万キロかなたの恋」(金曜深夜0時12分)で主演を務めること9日、分かった。千葉さんは宇宙飛行士・高村宗一を演じる。“三密”を避けた撮影方法がとられ、宇宙船での一人芝居をバーチャルスタジオで撮影し、リアルタイム合成で映像化した作品となる。 【写真特集】千葉雄大、宇宙船でぼっちに 三密を避けた撮影風景の裏側も公開

 ドラマは、地球と約40万キロ離れた月周辺で、宇宙船に一人で長期滞在している孤独な宇宙飛行士が主人公。煩わしい人間関係が嫌いで、人工知能(AI)との暮らしに満足していた偏屈な宗一が、地球にいる元恋人とモニター越しに再会し、人工知能も巻き込む三角関係に発展する……という超遠距離恋愛作品。

 宗一の元恋人・鮎原咲子を門脇麦さんが演じ、AIのユリの声を吉岡里帆さんが担当。さらに高村が所属する宇宙機構「JAXIS」 のスタッフとして矢本悠馬さん、山田真歩さん、小松利昌さんが出演する。

 脚本は、ドラマ「JOKER&FACE」で市川森一賞を受賞し、ドラマ「伝説のお母さん」も手がけた、劇作家の玉田真也さんが担当する。全4回の予定。

 なお、放送を中断している俳優の佐藤二朗さん主演のドラマ「浦安鉄筋家族」は、8月21日深夜0時12分から再開予定。

 千葉さん、門脇さん、吉岡さんのコメントは以下の通り。

 ◇千葉雄大さんのコメント

 宇宙と地球という離れた場所でのお話なのですが、このおうち時間が増え、思うように人と会えない現状とも相通じるものを感じました。今回はグリーンバックで、リアルタイム合成による撮影なので、普段のドラマ撮影とは違い、孤独で切ない瞬間もありますが、宗一はもっと気丈な人物だと思うので、まだまだ僕は未熟だな、と気を引き締める日々です。緑色に囲まれた時は赤色を見ると良いと聞いたので、赤色のものを鞄(かばん)に忍ばせています。でも、特撮を経験しているので、少しは慣れているようにも思います。

【関連記事】