Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベランダごはんは狭くてもOK。物干し竿がテーブル代わりに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

もうすぐ夏休み。厳しい暑さや新型コロナウイルスの影響で、長時間のお出かけを控えている人もいるのでは。 そこで注目を集めているのが、自宅にいながらにして非日常感を味わえる「ベランダごはん」です。 「お金をかけずにベランダごはんを始めました」と言うのは、ライフオーガナイザーの佐藤美香さん。その斬新なアイデアとは…? ベランダで手軽にグリーンを。初心者におすすめのハーブ

物干し竿やワイヤーネット、家にあるもので始めるベランダごはん

SNSなどで見かける、ベランダにテーブルとイスを置いて優雅に食べるランチ。あこがれますが、わが家のベランダはとても狭く、テーブルやイスを置く余裕はありません。 それでも、ほんの数歩離れた場所であっても、家の中と外では気分も変わるもの。 「ベランダをもっと活用したい」「スペースを最大限活用するためには?」と考え、目をつけたのは“物干し竿”でした。

ベランダの内側についているランドリーホルダーを垂直にし、一番下に物干し竿をセット。巻きつくベルトつきフックを取りつけたら、ワイヤーネットをつり下げます。

これがテーブル代わりに! ワイヤーネットにつり下げ可能なカップや、ゴミ袋をぶら下げれば、細かなものの置き場所に困りません。 物干し竿がなければ、ベランダの壁と家の間につっぱり棒を取りつけ、そこにつるしてもいいかと思います。

●手でつまめるお手軽料理、紙やプラコップに入れましょう 物干し竿を使ってスペースを増やしたら、今度はお料理ですね。ぶつかって落としたりして、食器が割れないように、紙コップやプラカップに入れられるおかずがおすすめです。

写真は、ピクルス、味つけ玉子、ポテト、から揚げ。ワイヤーネットに、フックつきのカップをつり下げ、その中に紙コップやプラカップを入れています。 このままビュッフェ形式で、好きなものを取るようにすれば、ベランダのスペースを有効に使えます。 わが家は小さな子どもがいるので、おかわり用のおかずをつり下げることにしました。 手元のおかずがなくなったら、カップごと交換すればいいのでラクちんです。また、横にはゴミ袋もぶら下げています。部屋のすぐ隣のベランダとはいえ、出たり入ったりの手間は極力省きたいですよね。

【関連記事】