Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【DeNA・投手編】

配信

ベースボールチャンネル

 新型コロナウイルスの影響による公式戦日程延期を経て、6月19日に開幕を迎えたプロ野球。異例の幕開けとなった今シーズンは、「特別ルール」の適用も決定している。これにより、一軍登録枠は例年の29人から31人に拡張。この2枠の増加により、一軍を経験できる選手も増えてくるだろう。 【横浜DeNAベイスターズ】2020年度、支配下選手・育成選手・監督・コーチングスタッフ一覧  そこで、今シーズンの活躍が期待される12球団ブレイク候補選手を紹介していきたい。今回は、DeNA・投手編。

完成度高いドラ2左腕

 1人目は、大卒ルーキー左腕・坂本裕哉だ。  坂本は、立命館大から2019年ドラフト2位で入団。福岡大大濠高時代に甲子園出場はなかったが、立命館大では3年、4年時に全日本大学選手権へ出場するなど、エース格として活躍した。2学年上には東克樹がおり、プロの舞台でも再びチームメイトとなった。  今シーズンも即戦力として期待されている坂本。オープン戦、練習試合では、粘り強い投球でアピールに成功。特に開幕前最終登板となった試合では、3回無失点、5奪三振の快投を見せ、開幕ローテーション入りを掴んだ。  持ち味の高い制球力を武器に、「左腕王国」を目指すDeNA先発陣の一角を担っていく。

リリーフとして期待されるドラ3右腕

 2人目は、大卒ルーキー右腕・伊勢大夢。  伊勢は、明治大から2019年ドラフト3位で入団。九州学院高時代には、エースとして2度の甲子園出場を果たした。明治大ではクローザーとして活躍していたが、3年時に先発へ転向した。4年時には森下暢仁(現広島東洋カープ)らとともに、全日本大学選手権に出場。大学日本代表にも選出された。  坂本とともに即戦力として期待される今シーズンは、リリーフとして計算されており、オープン戦、練習試合で好投を続けたことで、見事開幕一軍の切符を手にした。  サイド気味から投げ込む最速150キロ中盤の速球を武器に、一軍定着を目指す。

「清宮キラー」と称された左腕

 3人目は、高卒3年目左腕・櫻井周斗。  櫻井は、日大三高から2018年ドラフト5位で入団。2年秋の公式戦では早稲田実業高と対戦し、試合には敗れたが、清宮幸太郎(現北海道日本ハムファイターズ)から5打席連続三振を奪い、「清宮キラー」として注目を浴びた。3年春には甲子園に出場。夏には早稲田実業高と再戦し、櫻井は野手として出場。リベンジとはならなかったが、17-18という壮絶な熱戦を演じた。その後は高校日本代表にも選出。主に野手として活躍し、プロ入り後は二刀流の噂もあったが、投手に専念することとなった。  入団後の2018年は、二軍で主に先発として18試合に登板。高卒ルーキーながら、オープン戦で一軍登板を果たし、最後まで一軍争いを繰り広げるなど、潜在能力の高さを見せた。 昨シーズンはリリーフとして一軍に昇格。12試合に登板し、経験を積んだ。  先発として勝負する今シーズンは、オープン戦、練習試合で先発候補として登板を重ねた。開幕ローテーション入りとはならなかったが、最速150キロの速球と、曲がりの大きいスライダーを武器に、一軍昇格のチャンスを掴む。  その他にも飯塚悟史、京山将弥、中川虎大を始め、有望株を多数抱えるDeNA投手陣。今シーズンの活躍に注目していきたい。

ベースボールチャンネル編集部

【関連記事】