Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AMDとコンセンシス出資のデータベンチャーが20億円超を「GPU」に費やす理由

配信

CoinDesk Japan

イーサリアムスタートアップのコンセンシス(ConsenSys)と大手半導体メーカーのAMDが共同出資したデータセンターベンチャーのW3BCLOUDは、GPU数を3倍にするために2000万ドル(約21億5000万円)の資金を投入する。 GPUとは:Graphics Processing Unitの略で画像処理装置のこと。 暗号資産(仮想通貨)分野では「データセンター」という用語は通常、マイニング施設を表す。しかしW3BCLOUDにとっては、それだけではないようだ。 共同創業者のワエル・アブリーダ(Wael Aburida)氏とサミ・イッサ(Sami Issa)氏は、ワシントン州にあるデータセンターのGPUを増強するために、シードラウンドの最初の段階で調達した2050万ドルを費やしていると、CoinDeskの取材で明らかにした。 W3BCLOUDは現在、6000台のGPUを運用しているが、今回の2050万ドルの投資によって、その3倍以上の2万台のGPUを運用できるようになる。 「我々は、資本の90%以上をコンピューターリソースの整備に使っている。顧客ニーズに対応できる能力を確保できるようになる」(アブリーダ氏)

分散型コンピューティングインフラの根幹

W3BCLOUDは昨年に創業、ロンドンに拠点を置き、コンセンシス創業者ジョー・ルービン(Joe Lubin)氏と、チーフスタッフのジェレミー・ミラー(Jeremy Millar)氏が取締役を務めている。 GPUはブロックチェーン分野では通常、暗号通貨のマイニングに使われているが、汎用性が高く、トラフィックの処理、ネットワークストレージの増強、レイテンシー(遅延時間)の改善などさまざまな用途に使うことができる。また、Web3や分散型金融(DeFi)などの新分野にも活用できると言われている。 つまり、GPUは新しい分散型コンピューティングインフラの根幹となる。だが共同創業者の2人は、具体的な内容と今後の取り組みについてのコメントを控えた。 「今後、詳細を語れるようになるだろう」とイッサ氏は、データセンターは分散型AI(人工知能)や分散型VR(バーチャルリアリティ)のような、これまでに聞いたことのないような、より幅広い分散型機能を促進するためにも使えると強調した。 「我々は自らを分散型コンピュータインフラと捉えている。ブロックチェーンはそのユースケースの1つ。我々は最高のコンピューターと最高のブロックチェーン人材にアクセスでき、魅力的なユースケースに必要なコンピューターインフラを構築していく」

【関連記事】