Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ランニングのモチベーションが続く! 設定すべき5つの目標

配信

ライフハッカー[日本版]

最近ランニングを始めた人は、自分ができることを次々に発見していけて楽しいかもしれませんね。 しかし、距離に固執して3マイル(約5km)のランニングを続けることだけを目標にしていると(ランニング初心者向けの「C25K」アプリは有名です)「それ以外に何もないの?」と思うかもしれません。 もちろん、あります! 進歩する方法も新しい目標を定める方法も山ほどあります。初心者向けとは限りません。 これまで何かを目標にして努力してきた人も、自由に発想を転換して別の目標に目を向けても構わないでしょう。 目標設定の際に、次の5つの項目を適宜取り入れると、しばらくはやることが尽きないでしょう。

1.距離あるいは時間

まずは、わかりやすいことから始めましょう。 目標走行距離を設定して走るのです(歩いてもいいですよ)。初めて5km走ったら、その調子です。 人気があるレースの走行距離は次の通りです。 1マイル(1.6km) 5kmまたは3.1マイル 10kmまたは6.2マイル 10マイル(16.9km) ハーフマラソンまたは13.1マイル(21km) フルマラソンまたは26.2マイル(42.195km) 目標走行距離を設定する代わりに、ランニングする時間の長さを30分間、1時間などと決めてその間にどのぐらいの距離を走れるか測るのも面白いかもしれません。 総走行距離がだんだん伸びてきたら、週に数回短距離を走り、1回だけ長距離を走るようにするのが賢いトレーニングプランです。 ところで、途中で歩いてもごまかしたことにはなりません。 歩くことで少し身体が休まり、自分のペースで目標距離を走り切れるなら、ウォーキングも有効なトレーニングツールです。 他人が何と言おうと気にする必要はありません。

2.頻度

走行距離を伸ばすだけでは物足りなくなってきたら、次はランニングする回数を増やしてみましょう。 今は週に2~3日しか走っていないのだとしたら、あと1日増やしてみてください。 何週間かそれでやってみて、もっとできそうならもう1日増やしましょう(ただし、多くても週6日でやめておきましょう。週に1日は休みの日を作ることも大切です)。 この場合の目標は身体が耐えらえるところまでトレーニングの負荷を増やしていくという点でも、さぼらずに継続するという点でも、フィットネスの要素があります。 前もって実行可能なトレーニングプランを立てられることが肝心です。

【関連記事】