Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【深ヨミ】2作連続ハーフミリオンで首位獲得!SixTONESの人気の広がりを検証する

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Billboard JAPAN

 2020年8月3日付のBillboard JAPAN週間“Top Singles Sales”で、SixTONES 『NAVIGATOR』が652,277枚を売り上げ、1位を獲得した(集計期間2020年7月20日~2020年7月26日)。 その他の画像  『NAVIGATOR』は、前作『Imitation Rain/D.D.』(SixTONES vs Snow Man名義)から半年ぶりとなる2ndシングルで、フジテレビ「ノイタミナ」枠のテレビアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』のオープニング主題歌となっている。また前作『Imitation Rain/D.D.』も半年前の発売ながら同一集計期間に4,897枚を販売し、10位と健闘している。  今回はSixTONESのシングル作品のセールスについて、SoundScanJapanのデータを使用し調査した。まず、今作『NAVIGATOR』と、前作『Imitation Rain/D.D.』の地域別の販売比率をまとめ、グラフ化したものが図1()である。一般的なシングルの地域別販売比率と比較するため、今年の全シングルの販売比率も項目として追加している  このグラフを見ると、『Imitation Rain/D.D.』は、ほぼ全シングルに似た販売比率となっているのだが、北海道、関東、甲信越、九州で全シングルより高い比率となっている、また若干ではあるが東日本で強い結果となってる(北海道・東北・関東・甲信越・北陸の販売比率の合計は、『Imitation Rain/D.D.』63.4%、全シングル61.0%)。対して、今作『NAVIGATOR』は『Imitation Rain/D.D.』と比較すると関東地方のみ減少し、他の地方は全て増加している。特に、東北地方、中部地方は大きく販売比率を伸ばし、元から人気が高かった九州地方も更に販売比率を伸ばしている。そして、前作とは逆に西日本で販売比率を伸ばしており、中部・近畿・中国・四国・九州での販売比率は、『NAVIGATOR』40.0%、全シングル39.0%となっている。元々、地方の比率も高かったSixTONESであるが、西日本を中心に更に全国へ人気が拡大しているとみて良いだろう。  前作『Imitation Rain/D.D.』の2020年7月26日までの累計販売枚数は915,727枚となっているが、過去4週間の販売数の推移は、1,592枚→1,682枚→1,511枚→4,897枚となっており、『NAVIGATOR』の発売を機に大きく伸びている事がわかる。全国へ人気の広がりを見せるSixTONESの今後更なる活躍を期待したい。

【関連記事】