Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【フローシャイムほか数千足がズラリ】高円寺のヴィンテージ靴の名店に潜入してみた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FORZA STYLE

前回のanemone前後編に引き続き、今回も懲りずに高円寺でレッツつぼ散歩! ドクトル赤峰に「高円寺のヴィンテージショップならばここへ行け!」と強く推されたのがWhistler(ウィスラー)さんとその系列店であるChart(チャート)さん。高円寺駅からもほど近い場所に軒を連ねるこのお店、とにかくヤバすぎるんです。 高円寺のヤバすぎる靴屋>>>フォトギャラリーをもっと見る!

エントランスから大量の靴がずらりとお出迎え。すでにヤバそうなグルーヴ感を漂わせていますが、まだまだ序の口。店内に一歩足を踏み入れると、そこには……

ただならぬ数のOLD COACH!!! からの……

恐ろしいほどの靴の量! まさにヴィンテージシューズの宝石箱や~!!

2階もとにかくカメラからはみ出しまくる服の量! 見渡す限りの服、服、服……。ここは魔境か!? カメラO坪も興奮で手が震えまくります。

圧倒的物量っ・・・・!

O坪のチャームポイントである大きなどんぐり眼も、感動のあまりこぼれ落ちそうです(元から?)。

録りきれないほどの服の道をかき分けながら1階に戻り、O坪が気になっていたフローシャイムのヴィンテージシューズを試着させていただくことに。 ちなみにウィスラーさんとチャートさんは繋がっているお店で、どちらにも膨大な量の靴が。どのような分け方をしているのかスタッフさんに尋ねると、なんと右足はウィスラー、左足はチャートに片足ずつ置いてあるんだそう。つまり1500足(スタッフさん談)の中からそれぞれのお店でペアを探し、揃えなければならないのです! 種類ごとに置いてあるとはいえ、想像しただけで気絶してしまいそうです。スタッフさん、凄いなぁ……。

ヴィンテージシューズなのでもちろん新品の革靴のようなツヤはありませんが、きちんとお手入れすれば輝きも戻ってきそう。自分流に磨く楽しみも生まれますね!

2つでひとつのこのお店は、ヴィンテージ好きにとってはまるで某夢の国のようなテーマパーク。自分好みのアイテムも、自分にぴったりのサイズも、絶対に見つかるはず。一日中いても飽きることはありません! あなたも世界にひとつの相棒を探しに、お店を訪れてはいかがでしょうか。 ※お買い物の際は密を避け、STAY SAFEでお願いします!   Director/Photo&Video : Naoto Otsubo Text:Mckee Makiguchi

【関連記事】