Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「二軍で終わるんじゃねぇ」阪神戦力外→独立リーグ→ヤクルト、歳内宏明を支える“恩師との電話”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Number Web

 ヤクルトと正式契約を交わす9月6日から遡ること数日前、歳内宏明は恩師である聖光学院の斎藤智也監督に電話で吉報を届けた。 【秘蔵写真】2011年阪神から2位指名を受けた直後の歳内と斎藤監督 「ヤクルトに決まりました。最初の登板は二軍になりますけど、結果次第では一軍に上がれるかもしれないんで頑張ります」  2012年にプロとなって以降、二軍であっても自分が投げた試合後には夜遅くでも必ず連絡を入れた。19年に阪神を戦力外となった際も、独立・香川で再スタートを切ることが決まったときも歳内は報告を欠かさなかった。  斎藤への恩義も当然ある。ただ、それ以上に、恩師との会話は歳内にとって道しるべとなるほど濃密でもあるからだ。かつての彼の言葉が、それを物語っていた。 「そのときだからこそ言ってもらえる言葉もありますし。高校を卒業してからは、腹を割って話をさせてもらえていますね」

「二軍で終わるんじゃねぇ」

 ヤクルト入団を報告したときがそうだ。斎藤からの激励は、「頑張れ」というありきたりなものだけでは終わらなかった。 「今のお前なら二軍で抑えられる。せっかくプロの世界に戻ってきたんだから、そこで終わるんじゃねぇ。ヤクルトのエースになるつもりで、一軍でも抑えてみろ!」  プロ野球を一度、戦力外となった選手に対しては、やや飛躍したエールである。しかし、斎藤としては、根拠なく大仰な言葉を贈ったわけではなかった。

防御率0.42「独立リーグで無双状態」

 歳内は香川で、有言実行を果たした。  チームに入団の際に、監督である松中信彦(現総監督)の「半年でNPBに戻れるようバックアップする」という言葉を信じてマウンドに立ち、圧巻のパフォーマンスで応えた。9試合に先発し5勝無敗、防御率0.42。独立リーグで無双状態だった歳内から、斎藤は漲るほどの自信を受け取ってもいたのだ。 「今までで一番、調子がいいです」  歳内とは、中国の故事に出てくる「木鶏」のような男である。  いくら調子がよく、結果もついていたとしても、不遜なく「まだまだです」と足元をしっかりと見る。阪神時代に右肩の故障で満足に投げられない時期が長かったように、不運が続いたとしても「それが今の自分には必要な時期なのだ」と現実を受け入れる。  その何事にも動じない男が、「今までで一番」と矜持を見せたのである。聖光学院の部訓である『不動心』を体現し続ける男だからこそ、あえて「ヤクルトのエースになれ!」と、発破をかけたわけだ。

【関連記事】