Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犬の「歯周病」の怖さ|歯磨きが愛犬の長寿のカギ?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬の歯周病は、全身の健康に関係するといわれているため、毎日の歯磨きがとても大切です。ここでは、歯周病を放置してはいけない理由や歯周病が引き起こす症状、そして、歯周病を予防するポイントを解説します。日々のケアの参考にしてください。

歯周病を放っておくと危険な理由

歯周病は「口の中の病気」と思われがちですが、実は全身に影響を与え、健康寿命にも関わる病気だということをご存じでしょうか?  なんと歯周病菌は血管の中に侵入し、重篤な全身疾患を引き起こすことがわかっているのです。 歯周病を放っておくと、以下のような症状が現れます。

歯周病が引き起こす症状

歯ぐきが腫れて膿が出る 歯が抜け落ちる 歯の根元が溶ける 皮膚に穴が開く など

小型犬は特に注意!?

日本では、3才以上の犬の約80%に歯周病の心配があるといわれています。特に小型犬の場合は、大型犬に比べ歯が密集して生えていて磨きにくく、1才の時点で約90%の犬に歯周病が見られるのだそうです。 また、小型犬は下あごの骨の厚みに比べて歯が大きいので、歯の根っこが下あごのふちと同じ位置にあります。そのため、歯周病が進んで骨が溶け出すと、ほんの少しの衝撃であごの骨が折れる危険も。 しっかりと歯周病を予防してあげる必要があるでしょう。

歯周病予防のポイント

歯周病予防は、毎日の歯磨きが基本です。ここでは、特に注意したいポイントを解説します。

歯と歯肉の間を重点的に磨く

歯に残った歯垢は、3~5日で歯石に変化します。歯石がたまると歯周ポケットが菌の温床になるため、とにかく歯石をためないことが大切です。汚れがつきやすい歯と歯肉の間をしっかり磨くことによって、歯や歯茎の健康を維持しましょう。

歯の裏側もしっかり磨く

毎日歯磨きをしていたのに、歯の裏が磨けてていなかったために歯周病が重症化したというケースも。犬の上唇に飼い主さんの手を添えて犬の口を開け、歯の裏側に歯ブラシを当てるとみがきやすくなります。

デンタルケアグッズもおすすめ

歯ブラシを使った歯磨きが理想ではありますが、どうしても嫌がる場合は、デンタルケアグッズも試してみるのもよいでしょう。たとえば、歯に塗るだけで口腔内のケアができるジェルや、歯の汚れを拭いて落とすミルク風味のシートなどもあります。

愛犬の口の健康を守ろう!

放っておくと、全身疾患を引き起こす恐れもある歯周病。予防するには、毎日のデンタルケアが大切です。愛犬が嫌がる場合は、歯ブラシにつけたジェルを舐めさせたり、デンタルシートで拭いたりすることから始めて、少しずつ慣らしていきましょう! 参考/「いぬのきもち」2018年6月号『歯の健康をおろそかにしていると……重篤な病気になることも!歯みがきが健康寿命UPのカギだった!? 』(監修:フジタ動物病院院長 獣医学博士 藤田桂一先生) 文/しばたまみ ※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。 ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室

【関連記事】