Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ローマの規定違反で0-3敗北扱いが正式決定。クラブは不服申し立ての公式声明も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 選手登録ミスにより規定違反を犯したローマに関して、第1節の試合結果が0-3敗北扱いになることが正式に決定した。この一報を受けて、ローマが不服申し立ての公式声明を出している。  事の発端は、現地時間19日に行われたセリエA第1節のヴェローナ戦。試合は0-0の引き分けに終わったのだが、この試合でローマに所属する23歳のMFアマドゥ・ディアワラが先発起用されて89分までプレーしている。  実は、ディアワラは7月17日に23歳の誕生日を迎えたものの、ソフトウェアの技術的エラーにより、22歳以下のリストに登録されたままで、トップチームに登録されていなかった。つまり、トップチームに選手登録されていない状態でヴェローナ戦に出場したことになる。  スポーツ司法当局も規定違反と見なし、ローマの0-3敗北扱いになることが決定した。この発表に対し、ローマは「ヴェローナ戦の結果に関する決定に不服を申し立てる」と抗議。「上訴する」との公式声明を出している。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】