Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第8世代の「iPad」は何が変わった? ポイントをチェック【比較】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Fav-Log by ITmedia

 Appleが9月18日、第8世代の「iPad」を発売しました。NTTドコモ、au(KDDIと沖縄セルラー電話)、ソフトバンクも、9月23日にWi-Fi+Celluar(モバイル通信対応)モデルの販売を開始します。  一見すると、2019年に発売された第7世代モデルと大きな違いはないように見えるのですが、何が変わったのでしょうか。どちらを買うべきなのでしょうか。チェックしてみましょう。

一番の変更点は「プロセッサ」

 第8世代のiPadにおいて、一番大きな変更点はデータの処理や画面(ディスプレイ)への描画を担う「プロセッサ」にあります。  第7世代、そしてさらに先代の第6世代のiPad(2018年モデル)のプロセッサは「A10 Fusionチップ」でした。2017年に発売された「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」と同じプロセッサです。  A10 Fusionは当時のスマートフォンやタブレット用のプロセッサとしては非常に高性能で、第7世代のiPadが発表された際にも「(米国で)売上トップのWindows PCと比べて最大2倍の処理性能を誇」るとアピールされました。事実、2020年現在においてもタブレット用プロセッサとしては十分なパフォーマンスを発揮できます。  それに対して、第8世代iPadではプロセッサが「A12 Bionicチップ」に変更されました。2018年に発売された「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」などと同じプロセッサです。  A12 Bionicは、機械学習の処理に特化した「ニューラルエンジン」を搭載しています。そのため、AR(拡張現実)アプリ、クリエイティブアプリなど、機械学習ベースのAI(人工知能)を利用するアプリでは、処理速度の大幅向上が期待できます。Appleは「(米国で)最も売れているWindows PCより最大2倍、最も売れているAndroidタブレットより最大3倍、最も売れているChromebookより最大6倍も高速」とアピールしています。  GPU部分(グラフィックス)の性能もA10 Fusion比で2倍に引き上げられているので、ゲームアプリの快適さも増します。

【関連記事】