Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

おうちご飯をもっとヘルシーに! 高脂肪なのに実は太りにくい、満腹感が得られる16の食べ物。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

家で過ごす時間が増えている今日この頃。せっかくなら、おうちご飯でヘルシーな食生活を満喫したい! とはいえ、体に良い食べ物ってなに?と疑問に思う人も多いはず。そこで今回は、毎日の食生活をシンプル&ベストにしてくれる、高脂肪なのに実はヘルシーな食べ物をご紹介。 ヘルシーで脂肪の多い食べ物、と聞いて多くの人がすぐに思いつくものといえばアボカド。脂肪=敵、とは一概に言えない、という考えが少しずつ浸透してきた昨今、アボカドはダイエットの強い味方として様々なヘルシーメニューに登場し、重宝される食材に定着中。アボカドの他にも、毎日の食事やスナックに取り入れたい健康的な食べ物を一挙ラインナップ!

はじめに:「高脂肪でヘルシー」ってどういうこと?

「脂肪」はいくつかの異なる形で存在する。ヘルシーな脂肪、というのは通常、不飽和または高度不飽和の脂肪のこと。高度不飽和の脂肪は心臓への負担が少ないだけでなく、動脈を詰まらせるLDLコレステロールを減らす効果が。 不飽和脂肪 脂肪の中で最もヘルシー。オリーブオイル、ナッツ、アボカドに含まれる。 高度不飽和脂肪 オメガ3とオメガ6の2種類の脂肪酸があり、脳の働きと細胞の成長に欠かせない。オメガ3は魚や藻類、ナッツ、種に含まれ、オメガ3はある植物ベースのオイルに含まれている。

ヘルシーではない脂肪とは?

摂取を最小限に抑えたい、ヘルシーではない2種類の脂肪とは? トランス脂肪 トランス脂肪のほとんどが、血管をキレイに保つHDLコレステロールを減らし、動脈を詰まらせるLDLコレステロールを増やす。また、心臓病、心臓発作になるリスクを上げ、さらに2型糖尿病のリスクを上げてしまうことも。 飽和脂肪 昔こそ「飽和脂肪はコレステロールレベルにとても悪い」と言われていたけれど、今ではそこまで悪くないことが判明。可能な限り摂取量を限定して、不飽和脂肪と高度不飽和脂肪を代わりに選んだ方が良いのだとか。以下に紹介するヘルシーな食べ物の中にも飽和脂肪は含まれているけれど、ヘルシーな脂肪のポジティブな効果を無効にしてしまうことはないからご安心を。

【関連記事】