Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カリー・ウェブ、宮里藍が「先生」と呼んだ豪州最強女子プロのスウィング【21世紀のレジェンドスウィング】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

メジャー7勝、LPGA41勝、3度の賞金女王と輝かしい成績を残すレジェンドゴルファーのカリー・ウェブ。史上最年少でグランドスラムを達成した「21世紀のレジェンド」のスウィングをプロゴルファー・中村修が解説。

史上最年少キャリア・グランドスラム達成者

オーストラリア出身でプロ転向はアニカ・ソレンスタムに遅れること1年の1994年。2001年の「全米女子プロ選手権」を26歳で制し史上最年少でキャリアグランドスラムを達成しました。日本では2000年と2001年に「ニチレイワールドカップレディス」でいずれの年も2位に大差をつけ2連覇を達成。その強さに「女性版タイガー・ウッズ」と話題になりましたので覚えている人も多いのではないでしょうか。 日本との縁も深く、宮里藍が”ウェブ先生”と慕う存在であり、シャフトは現在でも日本シャフトを使用しています。

実は私自身、2003年頃に当時所属していたコースにイベントで訪れたカリー・ウェブのキャデイをしたことがあり、アプローチや左足下がりのライの打ち方を教えてもらったのをよく覚えています。歯切れのいいスウィングで勝利を重ねたスウィングを見てみましょう。 画像A左のアドレスを見ると左手のグリップはストロングですが右手はスクェアからややかぶせるように握る特徴あるグリップです。ロリー・マキロイも同じようなグリップをしていますね。 画像A右のテークバックの画像では手元は体から遠くへワイドに上げ、頭を右ひざの上に乗せるように動かしています。下半身を見ると右の股関節の上に上体が乗り、しっかりと加重されていることが見て取れます。

画像B左トップの画像ではテークバックで右の股関節の上に乗せた上体はそのままで、背中がターゲットを向くようにしっかり捻転。テークバックでは少しフェースを開きながら上げていきますが切り返しでのフェースの向きは空を向いているので閉じ始めています。ダウンスウィングに入ると右の股関節にできたシワが骨盤の前傾がキープされていることを示しています(画像右)。

【関連記事】