Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャニーズJr.、人気獲得の鍵はSNS? “おうち時間”は新たなファンサービスの場

配信

オリコン

 新型コロナウイルスの影響下で、多くのテレビ収録やコンサート・ライブなどが自粛されている現在、ジャニーズJr.たちのSNSでの活躍が目立っている。エンタメサイト『ISLAND TV』でプライベートの一部を公開。更新情報として連動したツイッターは40万フォロワーを突破しており、関連する言葉やハッシュタグが毎日のようにトレンド入りしている。こういったSNSでの投稿は既存のファンのみならず、無料かつ手軽であるがゆえ多くの人の目に留まるチャンスでもあり、新たな可能性を開拓している。 【写真】Travis Japanはインスタグラムで「オリジナルキャラ」を考案  今でこそ、テレビ出演の機会が多くなったが、一昔前はジャニーズJr.を知る機会は一部メディアと先輩たちのバックダンサーが主だった。それが2018年3月に公式YouTubeチャンネルの開設を機に、今年1月にデビューを果たしたSnow Man、SixTONESを含め各グループへの注目度が上昇。すでに東京ドームで単独ライブを開催するほどの人気となったが、感染防止対策で“ステイホーム”が唱えられるようになると、YouTubeに加え、自分で考え投稿するSNSでの活躍が目立つようになった。こういった“セルフプロデュース力”も人気獲得への鍵となっているようだ。  公式YouTubeと同時にスタートした『ISLAND TV』ではライブ映像の生配信のほか、すでにデビューしたSixTONES、Snow Manや東西のジャニーズJr.が、メンバー自身が撮影したオフ感満載の動画を多数投稿。外出自粛前は収録前後など仕事場で撮影されたものがほとんどだったが、現在は各自が一人で、もしくはリモートでつないだ“おうち時間”動画をアップするようになった。デビュー済みの先輩グループは『Smile Up! Project』として連日SNSを更新しているが、『ISLAND TV』の方が時間や投稿本数、内容など自由度が高いようにみえる。  例えば初表紙を飾った女性グラビア誌『anan』の緊急重版が決定、メンバーそれぞれがドラマやバラエティー出演するなど今注目の次世代グループ・Travis Japanは、Jr.のなかでは唯一、公式インスタグラムを開設。現在、フォロワーは55万人を誇っている。彼らの武器は見るものを引き込むシンクロダンスにあるが、インスタグラムや『ISLAND TV』ではパフォーマンスだけでない魅力が引き出されている。  5月は毎日投稿として、メンバー7人が日替わりで自撮りを更新。1週目は愛用品リレーとして私物との画像を、2週目は中止になってしまったコンサートグッズを自分なりに着こなした画像をアップ。そして3週目からなぜか“オリジナルキャラリレー”と題して、自分たちで考案したというキャラクターになりきったコスプレ(?)写真を披露。1日目のリーダー・宮近海斗は「アジアのアクションスター『チャック・チー』」なる人物に突然扮して、ファンは騒然。連動した『ISLAND TV』では彼になりきった自己紹介動画で、しっかりトレンド入りを果たした。  このほかにも『ISLAND TV』では川島如恵留が手話を丁寧にレクチャーする動画を毎日欠かさずに投稿、七五三掛龍也と松倉海斗はギターでの弾き語り、吉澤閑也はカードマジックなど特技や日々の成果を披露。一方、中村海人は約20分間ひたすら、うな重を食べながら近況を報告する“一緒にご飯を食べている気分になれる”動画、松田元太は歯磨きの様子をただただ映した動画などそれぞれ工夫を凝らしている。こういった新しい形の“ファンサービス”の姿勢が今の時代に求められるのかもしれない。

【関連記事】