Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妻を助け、濁流に流され亡くなった男性 妻「優しい人でした。悔しいですね…濁流が」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 豪雨被害で19人が死亡した熊本県人吉市で、氾濫した球磨川の濁流にのまれて亡くなった81歳の男性の妻である井上節子さん(77)が心境を明かし「悔しいですね、濁流が」と声を詰まらせた。 【映像】自分を助けた夫が濁流に。妻の無念 「お父さんが心配で助けようとして、私だけロープ投げて下さったから、それにつかまって」  井上三郎さん(81)は4日朝、球磨川の氾濫に気づき、妻・節子さんと避難するために自宅を出た。しかし、水はすでに胸の高さまで達しており、流れも速く身動きが取れず、向かいに住む男性に助けを求めたという。

 渡されたロープを三郎さんが節子さんに巻き付け、節子さんは無事に救助された。次に三郎さんもロープを掴んだが、濁流にのまれて流されてしまった。三郎さんの遺体は300メートルほど下流で見つかったという。 「優しい人でした。私といつも毎日歩きに行ってました。悔しいですね…濁流が」  涙をこらえながら、節子さんは三郎さんとの思いでを明かすと声を詰まらせた。(ABEMA『ABEMA Morning』)

【関連記事】