Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犬が亡くなる前に見せる予兆 飼い主だから気づける「何となくおかしい」という異変

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

愛犬を亡くした経験のある飼い主さんは、亡くなる前に異変を感じたという人もいるでしょう。「何か変だな」と思ってしばらく経つと、じつはそれが病気のサインだったと気づいたり、そのまま亡くなってしまう…というケースも。 今回は、犬が亡くなる前に見せる行動や体の変化について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。先生は、獣医師でも気づけない「飼い主さんだからこそ気づける愛犬への違和感」があるとも話します。

犬が亡くなる前に見せる行動や体の変化

亡くなる原因にもよりますが、犬が亡くなる前には、下記のような変化が見られることが多いです。 ・食欲が落ちる・もしくは廃絶、それに伴う尿量の低下 ・寝ている時間が多くなる ・死の間際には意識レベルの低下(強い刺激には反応するが、反応が少なくなる・もしくは反応しない) ・呼吸が不規則となる(浅い呼吸、短時間の呼吸停止、深く速い呼吸) ・けいれんのように手足をバタつかせる ・下痢をする ただし、これには亡くなる原因や個体差があるため、必ずしもこのような変化が見られない場合もあります。このような予兆がまったく見られずに、あるとき突然亡くなってしまう場合もあります。

飼い主さんだからこそ気づける愛犬の異変も

愛犬のことを日頃からよく見ている飼い主さんは、いつもと違う異変に気づきます。それは、私たち獣医師にもわからない小さな変化です。 たとえば、不安になるからなのか、愛犬が必要以上についてきたり、そばから離れなかったり、表情はどこか不安そうに感じられます。また、熱があったり体が重たいと、表情は眠そうで、目に覇気もないでしょう。 いつもの愛犬の姿をよく知っているからこそ気づける異変というのも、たしかにあるのです。

飼い主さんの「なんとなくおかしい」の感覚

実際、飼い主さんから「いつもの時間にいつものところにいないんです」というような愛犬の変化について聞くこともあります。 寝るときは、いつも寝ているお気に入りの場所が一番落ち着けるはずです。しかし、具合が悪いときには、まったく違う場所でうずくまっていたり、好きな場所に移動できないというようなことがあるのかもしれません。

【関連記事】