Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

金曜フリー走行なんていらない? F1アイフェルGPはドタバタの週末となるもメルセデス勢は余裕のコメント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 ニュルブルクリンクで開催されているF1アイフェルGPの初日は、天候不良に見舞われた。濃霧の影響でメディカルヘリが飛べず、フリー走行1回目、2回目ともに一切走行することができなかったのだ。 予測不能! 勝つのは誰だ? F1第11戦アイフェルGP:決勝ライブテキスト  翌土曜日は天候が回復し、フリー走行3回目と予選は通常通り行なわれた。その結果、わずか60分しかないFP3で各チームは決勝に向けたデータ集めに奔走しなければいけなかった。  ただ、予選でフロントロウを独占したメルセデスのふたりは、フリー走行の時間が著しく減ったことをそれほど気にしていない様子。ルイス・ハミルトンは「金曜日に走る必要はないと思っているから、僕にとっては全く問題なかった」と語り、バルテリ・ボッタスも、短縮されたレースウィークエンドの方が好みだと話した。 「(通常はフリー走行でどのくらい走って予選に臨むのか)具体的な数字を言うのは難しいけど、走れば走るほど、細かい部分を正確に仕上げられるのは間違いないよ」  そうボッタスは言う。 「特に金曜日は、次のセッションまでの間に一晩中色々なところを見て、たくさんのことを学ぶことができるんだ」 「だから、たくさんフリー走行があれば少しは速く走れるようになると思う。でも正直言って、いつもの週末ではフリー走行が多すぎると感じている」 「誰しも(フリー走行の中で)自分のやり方やセットアップを模索して、最適なものを見つけていく。でもフリー走行の時間が減れば、いくつかのチームはうまくいったり、別のチームはうまくいかなかったりするかもしれない」 「だから、もう少しプラクティスの時間が少ない方が好きなんだ」  また、今回の予選でメルセデス勢に次ぐ3番手タイムを記録したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)も、金曜日の走行がなかったことがどういった影響を与えるのかについて説明した。 「(金曜日にフリー走行があった場合)特に小さな問題が起きた時は、一晩かけてそれをなんとかすることができる」とフェルスタッペンは言う。 「ファクトリーでもフィードバックができるし、シミュレータなどその他の作業もすることができる」 「でも全体的にはバルテリが言うように、僕たちはいつもたくさんフリー走行をしているから、慣れるのに時間がかかるんだ。今回は(フリー走行が)1セッションだけだったから、いつもFP1などでやっているよりは、色んなことを一気にやることになったと思う」 「(金曜の走行がある方が)少しはマシかもしれないけど、改善できることは些細なことなんだ」

Alex Kalinauckas

【関連記事】