Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いしだ壱成、“コロナ外出” の父・石田純一に嘆息「かわいそうなイエスマン」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 7月3日放送の『爆報THEフライデー』(TBS系)に登場した、いしだ壱成。24歳下の妻と1歳の娘と、石川県で暮らしていることを明かした。久しぶりに全国放送で姿を見せた彼の髪は丸刈り。体形もふっくらし、おしゃれとはほど遠いファッションに身を包んだ姿はかつて“ピチT”を着こなした“フェミ男”とは似ても似つかない。 【写真】いしだ壱成、21歳年下の妻、1歳の娘と仲良く「二コーッ」 「石川への移住は東日本大震災のあと、放射能を気にしたことが理由だそうですね」(スポーツ紙記者)  自然豊かな土地を気に入り、2番目の妻と離婚後も在住。県内のローカル局で、情報番組のレポーターをしていたことも。 「お昼の番組で、おすすめスイーツなどを紹介して、評判もよかった。その番組に出るようになったのは、いしださんからの売り込みだったと聞いています」(地元のテレビ局関係者)

父・石田純一は「イエスマンですから」

 7月上旬、テレビでは語られなかった話を聞きに、石川県白山市にある、いしだの自宅を訪ねると、笑顔で家の中へ招いてくれた。 ─『爆報』ではうつ病を告白していましたが、現在は? 「つらかったですが、周りのサポートのおかげでよくなりました。周りの人たちが、こんなにも心配してくれたんだと思って、持ち直しました」 ─今後の活動は、東京ではなく石川県で? 「東京でも仕事があればいいのですが、ドラマや舞台みたいに長くなるのは無理ですね。こちらのローカル番組で“ゆくゆくはレギュラーも”と言われているので」 ─レポーターのような? 「そうですね。あと、ドラマを撮り始めたんです。ひとりではできませんが、一緒にやってくれる人もいて。プロデュース業もやろうかと思っています。海外の撮影隊を誘致して“ここで撮りませんか?”とか。そうした作品がヒットすれば、観光客も増えますし。先の長い計画ですけどね」  実父の石田純一は相変わらず、いろいろなニュースで世間を騒がせている。 「かわいそうだと思いますね。たまに電話をくれるんです。なんてことのない内容で“元気か?”なんて聞いてきて。元気だって答えると“こっちは元気ないんだよ”なんて言ってますが……」  石田のコロナ感染は、志村けんさんの訃報後だった。 「もしや! とは思いましたね。でも、タダではくたばらない人ですから(笑)」

【関連記事】