Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元社員がゴールドマン・サックスにビットコインについて伝えたいこと

配信

CoinDesk Japan

私がゴールドマン・サックスで働いていた頃、オフィスでこんなジョークをよく聞いた──担当すべき債券よりも、多くの時間をビットコイン投資に費やしている。 2013年、多くの同僚はビットコインを真剣に捉えていなかった。あれから7年経つが、多くの変化は期待していなかった。5月27日、ゴールドマン・サックスが投資家説明会でビットコインについて触れようとしたとき、その内容は私が予想する通りのものだった。 CoinDeskのコラムニスト、ジル・カールソン(Jill Carlson)は、非営利研究組織「オープン・マネー・イニシアチブ(Open Money Initiative)」の共同発起人で、ベンチャー投資家でもある。

インフレ、ゴールドの分析

ゴールドマン・サックスのレポートは、アメリカ経済の現状と、新型コロナウイルス後の世界の先行き予測から始まった。 近い将来、インフレを心配する必要はないだろうという。また、ドルに対する需要は依然として強く、仮にパンデミックの影響があるとすれば、指標はデフレ傾向にあることを示している。これは短・中期的にはおおむね正しいだろう。 ゴールドマン・サックスはその後、ゴールド投資に対する主にデータに基づいた議論を展開した。インフレを心配する必要がないだけではなく、仮に心配したとしても、ゴールドは優れた投資ではないだろうとレポートで述べる。 ゴールドは必ずしもインフレに強い資産クラスではなかったが、株式はその強さがあった。同様に米国債は、市場の下落局面ではゴールドよりもはるかに高い利益をあげる傾向がある。 ゴールドは必ずしも、あるいは多くの場合、広く言い伝えられているような動きをしないことが明らかになった。複数のより優れた選択肢が存在する。資産クラスとしてのゴールドの価値はおおむね、歴史的な物語によって動かされているが、物語は現実と一致していない。

ビットコインの分析

ゴールドマン・サックスのレポートはすべて納得できる内容だった。そして前述した通り、私は次の展開も理解していると思っていた。ゴールドマン・サックスの才能あるリサーチアナリストたちは、ビットコインについても同様の分析を行うだろうと信じていた。 ビットコインの値動きの騒々しさとボラティリティは、我々がビットコインと主要な市場あるいは経済指標との間に、意義のある相関関係を導き出すことを阻んできた。 インフレに対するヘッジとしてのビットコインにまつわるストーリーは、投資可能な資産としてのその短い歴史のなかで、ビットコインはどのようなパフォーマンスを発揮してきたかという現実と一致していない。 私はゴールドマン・サックスのレポートは、インフレは問題ではなく、仮に問題であったとしても、ゴールドもビットコインも、それらにまつわる物語が描いているような振る舞いをしていないという結論になるだろうと期待していた。

【関連記事】