Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

常識外れの超人フッキ伝説。 JFAやビッグクラブの誘いを次々に断って...

配信

webスポルティーバ

あのブラジル人Jリーガーはいま第4回フッキ(後編)>>前編を読む  J2で得点王となり、東京ヴェルディの1部昇格の立役者となったフッキ。だがその後、川崎フロンターレに戻ると、関塚隆監督と意見が合わず、苦労することになる。監督は彼をサイドアタッカーとして起用したかったが、本人はCFとしてプレーしたかった。その頃、フッキのもとにはバイエルンからのオファーも来ていたが、古巣の東京Vも彼に興味深いオファーを用意していた。 【動画】フッキ、ヴェルディ時代の強烈FK  フッキは迷った。自分がよく知るチームでヒーローになるか、それともすべてのリスクを冒してドイツのビッグクラブに行くか。フッキは日本に残るほうを選んだ。  こうしてフッキはまた東京Vに戻った。その未来はずっと日本にあるように思えた。しかし、戻ったヴェルディではチームメイトのレアンドロと諍いを起こし、柱谷哲二監督ともうまくいかなかった。  次第にフッキは練習に来ないようになり、浦和レッズ戦で交代させられたことに不満を爆発させると、ついにはブラジルに帰ってしまった。チームはフッキが息子の誕生のために祖国に戻ったと発表したが、彼はもう二度とヴェルディに戻ることはなかった。

実はこの時、すでにパリ・サンジェルマンへの移籍の準備が整っていたのだ。だが、契約一歩手前のところで、フッキはまたも考えを変え、結局は昔から憧れていたポルトへと移籍した。  誰もがフッキは東京Vからポルトに移籍したと思っているだろう。当時、世界中のメディアもそう伝えている。しかし、UEFAに残されている文章では、その間になぜかウルグアイのチームが入っている。CAレンティスタスという小さなチームで、公式には彼はここからポルトに移籍したことになっている。  もちろん、フッキはこのチームで1秒たりともプレーしていないし、たぶん足を踏み入れたことさえないだろう。この問題については、UEFAだけでなく、FIFAまでも巻き込んで調査が行なわれたが、結局、フッキも代理人も処罰されることはなかった。ただし、全容は明確にされていない。  ポルトに移籍したフッキは、当初こそ馴染めずにいたものの、しだいに活躍の場を得て、2009年にはブラジル代表にも選ばれた。彼はその後セレソンで48試合に出場し、11ゴールを決めているが、実はブラジル以外の代表チームに入るチャンスもあったことを、後に彼自身が明かしている。ポルトガル代表、そして日本代表だ。

【関連記事】