Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<日本沈没2020>物語前半の場面写真が一挙解禁!未来へつながる、仲間との出会いを描く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

7月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信される「日本沈没2020」から物語前半の場面写真が解禁。さらに追加キャストも発表された。 【写真を見る】過酷な環境の中、清流で久しぶりに水を飲む歩と剛 2020年、現代の日本が舞台となった同作。陸上部に所属し、将来を期待される中学生・武藤家長女の歩(CV:上田麗奈)、父・航一郎(CV:てらそままさき)、母・マリ(CV:佐々木優子)、弟・剛(CV:村中知)の家族4人の平穏な生活は、突然の大地震によって一瞬にして奪いさられた。 東京から決死の脱出を試みる武藤家は、古賀春生(CV:吉野裕行)、三浦七海(CV:森なな子)、カイト(CV:小野賢章)、疋田国夫(CV:佐々木梅治)らさまざまな境遇を持った人々と出会う中で、生と死と向き合いながら再生への微かな希望を胸に強く生きることを決意する。 今回解禁となった場面写真では、さまざまな出会いや、仲間を励まし合う姿、自然と共存する姿が映し出され想像を絶する壮絶な状況下でも、希望を捨てず賢明に生きようとする強さを描写している。 ■ 塩田朋子、濱野大輝ら追加キャストが発表! 極限状態で旅を続ける歩たちが、ひょんなことからたどり着いたコミュニティ施設「シャンシティ」で出会う4人のキャラクター情報も新たに解禁された。 死者と交信できる特殊能力を持つ室田叶恵(CV:塩田朋子)と、その息子・大地の元へ、心の救いを求め人々が集まってできた「シャンシティ」。 衣食住が整い、自家発電、金継ぎ工房、娯楽施設なども備える環境で癒されていく歩たちだったが、刻々と日本列島は軋み続け姿を変えていき、再び危機が迫ってくる。 そのほか、叶恵の秘書兼マネージャーを務める浅田修(CV:濱野大輝)、世界中を旅する大道芸人のダニエル(CV:ジョージ・カックル)、元関取で「シャンティ」の料理番をする大谷三郎(CV:武田太一)ら個性的な人々との出会いが、歩たちにも新たな影響を与える。 「日本沈没2020」は、7月9日よりNetflixにて全世界独占配信スタート。 (ザテレビジョン)

【関連記事】