Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>6日、千葉県内23人感染 60代男性、死亡後に感染判明も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県内で6日、23人の新型コロナウイルス感染が判明した。千葉市の60代無職男性は死亡後に感染が判明した。男性は3日に41・1度の発熱や呼吸困難で自ら119番通報し、市内医療機関に救急搬送されたが、4日朝に死亡した。5日になって感染が分かった。循環器系の持病があったという。1人暮らしだった。  柏市はクラスター(感染者集団)が発生している柏市の民間病院「柏たなか病院」で新たに医師1人と医療従事者1人、40~90代の入院患者5人、計7人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。入院患者の野田市の90代男性と東京都の40代男性が軽症で、ほかの5人は無症状。同病院での感染者は23人に増えた。  同市保健所によると、50代女性医師は感染者が多く出ている内科病棟の勤務。入院患者はいずれも院内にとどまって治療を受けている。患者と接触した可能性のある人から順次検査を行っており、6日も約70人の検査を行っている。  居住地別では▽千葉市、柏市、市原市、松戸市が各3人▽船橋市、市川市、野田市が各2人▽浦安市、大網白里市、流山市、我孫子市、東京都が各1人。  年代別では40代、50代が各5人、20代、30代、70代が各3人、80代、90代が各1人。

【関連記事】