Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【阪神】矢野燿大監督がプロ初Hの藤浪を称賛「ああいう顔で野球がやれるのは晋太郎も幸せ」一問一答

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(29日・甲子園)  阪神が13連戦の初戦を飾り、9月の月間勝ち越しを決めた。3連敗の後の2連勝で開幕から続く甲子園での中日戦の連勝を7に伸ばした。 【ハイライト動画】笑顔でベンチに戻る藤浪 プロ初ホールドに虎党沸いた  同点で迎えた5回2死一塁で糸井が勝野から約3か月ぶりの2号2ラン。先発・高橋が6回3失点で3勝目を挙げた。また8回の1イニングを無失点で切り抜けた藤浪がプロ初ホールドをマークした。矢野燿大監督(51)は投打のヒーローの笑顔に喜びを口にした。  ―13連戦の初戦、見事な勝利でした  「そうですね。流れが行ったり来たりなりましたけど、いいところで打ってくれたり粘ったりできました」  ―まず打つ方から。近本がヒットと足でもぎ取りました  「そうですね。チカ(近本)が1人の力で取ってくれましたし。1アウトサードで点とれなかったら流れが的に嫌なんですけど、本当にチカらしいチカならではの足で点を取ってくれました」  ―神宮に続いて原口が逆転のタイムリー  「特にランナー置くとね、楽しみっていうか雰囲気もありますし。実際に神宮でも、きょうもしっかりああいうところで打ってくれるので。頼もしいです」  ―糸井はストレートを見事にとらえました  「そうですね。気持ちよくね、ベース一周してる嘉男(糸井)を見て、また本当にいい顔でね、見えたのでね。場面も最高の場面でしたし、最高のホームランでした」  ―大山も巨人・岡本に1本差に迫る本塁打  「いやー、ね。すごい低い打球だったのでまさかホームランいかないと思ったんですけど。どんどん自信にしてもらって、高いところに目標あると思うので、チームのために自分のためにもホームランを打ってもらいたいです」  ―先発・高橋の評価は  「まあ前回もね、ちょっと立ち上がりからピンチを何回も作ってというね。今日は味方が足を引っ張ったところはあったんですけど、遥人(高橋)にはもうちょっと高いところを期待してますし、そういうところではあと1点でも少なくいってもらえるところもあると思うのでね。次回も期待しています」  ―藤浪が甲子園のマウンドに上がる雰囲気をどう感じた  「やっぱりね、特別な声援だったので。晋太郎自身もそれを背に、思い切って投げることもできると思いますし。新しいポジションで投げるってすごく緊張もあると思うんですけど、一個一個こうやって自信をつけていってくれて、ファンのみなさんの期待に(応えて)、そして晋太郎自身が投げたいボールをどんどん投げていけるようにしてもらいたいですね」  ―ベンチに帰り最高の笑顔を  「見ました、見ました。ああいう顔で野球がやれるというのは晋太郎自身も幸せでしょうし。やっぱりあの緊張の場面の1イニングというのは、これからの晋太郎にも、今の先発ではない場所というのは学びの場所になると思うんでね。どんどん吸収してどんどんいい投手になってほしい」  ―13連戦を白星発進。明日以降へ  「いい形で取れましたし、打線も何とか盛り返せられたんで、明日もこういう形で勝ちたいですね」

報知新聞社

【関連記事】