Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「十二人の優しい日本人を読む会」を観て思う、配信という新しい演劇スタイル

配信

TOKYO HEADLINE WEB

【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

 さて、いよいよ解除された緊急事態宣言。勿論、まだまだ気は抜けない状況だと思うのですが「来週には劇場や映画館に行くことが出来るかもしれない」という期待を込めて、“おうち時間”「最後の1本になるなら何を観よう?」と、熟考した結果、この自粛期間中、もっとも話題になったであろう演劇関連の動画、「十二人の優しい日本人を読む会」を観てみました。 五反田団「業界人間クロダ」を黒田勇樹が観て思う“演劇のジャケ買い”  今日までこの動画を観なかった理由は大きく2つ。  面白いの知ってるから!残念ながらリアルタイムで舞台は観れていないのですが、映画はDVDが擦り切れるほど観てたから、改めて観て、何を書けばいいのかわからんと思っていたから。  もうひとつは、先に見ていた「zoom演劇」が好きじゃなかったから。今回の混乱が始まった時に、いくつかの団体が真っ先に「演劇」として会議用アプリzoomを使ったお芝居を制作して公開されて、まぁ、僕も最近はその畑の人間なので「観なきゃ」と、チェックしてたんですが  演劇じゃねぇ!!!  なんというか、防犯カメラ風の映像を編集して作られたホラー映画「パラノーマルアクティビティ」を見ている様な。作品としては面白いんだけど「演劇」の面白さは感じられず、あくまでも「映像作品」だなぁ、と思ってしまい、そこからは「劇場にいた記憶」を足せば楽しめる「記録映像」ばかり観ていたのです。  で、今回の宣言解除と、先日初めて「zoom飲み会」なるものに参加し「zoomとはなんぞや」もなんとなくわかったので、腹を括って観てみよう、と。  面白った!2時間中1時間半は泣いてた。そもそも「コミュニケーション」の重要さと「正義」って僕にがっつりハマるテーマなので、当たり前なんですが、それよりも何よりも前半で感動を呼んだのが  “間”!!! 「ま」ですね。俳優同士が会話の中で共有する空気の様な物なのですが、それが一切滞りなく、生き物のように画面上に渦巻いてた! いくら台本があったり、稽古していたとしても、zoomって、多少のラグが出るし、回線の状況では聞きづらかったりすることもいっぱいある。  実際、参加したzoom飲み会では渾身のギャグを聞き取ってもらえなかったり、笑ってもらえるまでのラグで「スベったかな?」と心臓が止まりそうになったり何度もしました。  それを2時間!ベテランだらけとはいえ、この環境でやるのは初めての方が多い筈なのに、お互いを信じ、自分を信じ、トップスピードでテンポよく、ラストまで走り切られたことに大感動。  脚本の使用を許可されただけだと思っていた三谷幸喜さんが、必要以上に加担されてたのもとても良かった。 演劇だったなぁ!“生”の“間”が、しっかりと画面に映ってた。  公開は5月一杯を予定されているそうなので、皆様、是非ご覧下さい。

【関連記事】