Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【レッドブル】2022年以降に搭載するエンジンは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

レッドブルとそのジュニアチームであるアルファタウリは2021年シーズン限りでホンダエンジンを失うことになったが、2022年以降はどうするつもりかと質問されたレッドブルのクリスチャン・ホーナー(チーム代表)は次のように答えた。 「グループとして、これから我々が使えるだけの時間をかけて2022年以降に向けて最も競争力のあるパワーユニットを見つけるための評価を行っていくことになる」 ホンダの撤退に伴ってレッドブルもF1から去る可能性もあるとのうわさもある中、ホーナーは今後も「長期的に」F1に参戦するつもりだとしている。 しかし、2022年以降に向けてレッドブルに残された選択肢は限られていると考えられている。 ホンダが抜けた後のF1エンジンメーカーはメルセデス、フェラーリ、ルノーの3社だけとなるが、伝えられるところによればレッドブル・レーシングとアルファタウリのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツ(レッドブル社最高経営責任者)とメルセデスの関係はあまりよくないと考えられている。 さらに、現在のフェラーリエンジンはお世辞にも戦闘力があるとは言えず、2022年以降大幅にパフォーマンスが向上するかどうかは不透明だ。 結局、レッドブルには2018年まで長年エンジンパートナーを務めていたルノーと再び手を組むという選択肢しか残されていないと考えている者が多いのは確かだろう。 現在は自らのワークスチームに加えてマクラーレンにエンジンを供給しているルノーだが、2021年にはマクラーレンがメルセデスエンジンにスイッチすることが決まっており、来年ルノーエンジンを搭載するのはアルピーヌとチーム名が変わる現在のルノーF1ワークスチームだけとなる。 そして、現在のルールでは、エンジンを入手できないチームがある場合には供給チーム数が少ないメーカーにそのチームにエンジンを供給する義務が生じることになっている。つまり、2022年以降レッドブルが手にすることが可能なエンジンはルノーだけとなる可能性が高いわけだ。 マテシッツの右腕だと言われているレッドブルのヘルムート・マルコは2022年以降に関して次のように語っている。 「全ての選択肢を検討し、どうするかはレッドブルが決めることになる」 今後ルノーとの交渉も開始することになるかと尋ねられたマルコは、ドイツの『Speed Week(スピードウィーク)』に次のように答えた。 「さっきも言ったが、どうなるかは全てを検討してからの話だ。あらゆる可能性を調べていくつもりだよ」

【関連記事】

最終更新:
TopNews