Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「半沢直樹」はリハーサルなし 香川が驚きの撮影スタイルを明かす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 俳優・香川照之が8日、TBS系の情報番組「王様のブランチ」に生出演し、同局の人気ドラマ「半沢直樹」の撮影ではリハーサルを行わないことを暴露した。「半沢-」で主人公・半沢直樹(堺雅人)を徹底的に追い詰める東京中央銀行・大和田暁常務を演じる香川。この日は、同ドラマで東京中央銀行証券営業部部長・伊佐山泰二を演じる、いとこで歌舞伎俳優の市川猿之助とともに劇中の衣装で登場した。  7月26日放送の第2話での「詫びろ」8連発が話題となった猿之助に、MCの佐藤栞里が「8回っていうのは自ら(のアドリブ)なんですか、それとも(台本に)書いてあったことなんですか」と尋ねると、香川が「1回だったかな。『詫びろ、半沢』だけだったと思います」と先に回答。猿之助は「繰り返すのが好きですね」と重ねた。  同ドラマでは、濃厚な俳優たちの熱すぎる演技が話題。佐藤が「リハーサルからあのテンションなんですか」と続けると、香川は「リハがないので」とポロリ。猿之助が「どこ撮られてもいいようにね。監督がいいとこ使うんでね」と追加説明すると、佐藤は「衝撃…」と言葉を失い、スタジオもどよめいていた。

【関連記事】