Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岡崎慎司、バー直撃シュートも“初弾”ならず…今季初の途中交代。ウエスカはバレンシアとドロー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

3試合連続のスタメン

 現地時間9月26日に行なわれたラ・リーガ第3節で、岡崎慎司が所属するウエスカがバレンシアと敵地で対戦した。 【PHOTO】久保建英、堂安律、長友佑都らが続々と移籍! 2020年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち  今シーズン初勝利を狙うアウェーチームは、いつもの4-3-3でなく4-4-2を採用。日本代表FWは2トップの一角で3試合連続のスタメン出場は果たした。  その岡崎は7分、右サイドからのクロスにヘッドで合わせるも、枠を捉えられない。  38分には敵の右SBヴァスが送り込んだFKが誰にも触らずネットに突き刺さり、先制ゴールを許す。  後半立ち上がりは1点を追うウエスカがペースを掴み、バレンシアのゴールに迫る。迎えた64分、CKからCBのシオバスがヘディングシュート。弧を描いたボールがゴールに吸い込まれ、同点弾となる。  さらに、73分に岡崎にビッグチャンス。右サイドからのクロスにボレーで合わせたが、バーを直撃し、惜しくもプリメーラ初ゴールを逃した。結局、日本代表FWは80分に今シーズン初の途中交代。試合はこのまま1-1で終了した。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部  

【関連記事】