Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『24時間テレビ』公道マラソン&対面募金の実施なし 井ノ原快彦「なにかチャレンジできることがあれば」

配信

オリコン

 日本テレビ系『24時間テレビ』(8月22日、23日放送)において、今年は公道を使ってのチャリティーマラソンを実施しないことが6日、発表された。同日、メインパーソナリティーのキャプテンを務めるV6の井ノ原快彦が、朝の情報番組『スッキリ』に生出演し、明かした。なお、同じく番組名物である対面での募金も実施せず、キャッシュレス募金を強化していく。 【写真】ダイエット成功!“SSサイズ”のTシャツで『24時間テレビ』に出演した水卜麻美アナ  今年の同番組は新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、東京・両国国技館にて無観客で開催。今年のメインパーソナリティーは世代、グループの垣根を超えた5人がメインパーソナリティーが担当し、井ノ原のほか4人はこのあとの『ヒルナンデス』で発表される。なお井ノ原がメインパーソナリティ―を務めるのは2015年に続き3回目となる。  今年の同番組はこれまでの放送を振り返る映像を流し、今年の放送は43回目ではなく“新しい日常での1回目”という決意で新たな24時間テレビを届ける。井ノ原は「(会場の)お客さんの声援に助けられることが多かったけど、それがないということで、じゃあどうするか、今毎日話し合っている状態。とにかく安全第一でやらないといけない」と力を込めた。  公道を使ってのチャリティーマラソンは実施しないが井ノ原は「なにかチャレンジできることがあれば。もちろん密にならいように」と現在、新しい形での挑戦を模索していることを明かしていた。

【関連記事】