Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ感染、生死をさまよった医師の実録ドラマ!第2波に備えるヒントを池上彰が解説

配信

ザテレビジョン

7月5日(日)テレビ東京系では、「池上彰の人類vsコロナ危機~徹底検証!あの時何が起きたのか~」(夜6:30-9:54)が放送される。 【写真を見る】寺脇康文が、新型コロナ最前線で闘いながらもコロナに感染した医師を演じる 新型コロナウイルス感染症が世界を席巻した激動の半年、そして第2波に備えるために、池上彰が徹底解説。また、民放で唯一の東京都知事選の速報も!放送当日の投開票で決まる新知事と中継を繋ぎ、今後の対策について斬り込んでいく。 さらに、未知のウイルスに対し、人々は何を思い、どんな行動に出たのかその人間模様を寺脇康文、酒井美紀ら出演の再現ドラマで紹介。 コロナに感染し、死の淵に立った医師の実体験や、コロナの影響を受け、経営危機に見舞われた旅館の女将の葛藤を描く。また、テレビ東京の政治記者の取材で分かった、全国民10万円給付金決定の裏にある、政治家たちの思惑に迫る。 金山円プロデューサーは、3つの再現ドラマについて「第2波に備えるためのヒントがたくさん隠れています。特に『最前線で闘う医師 コロナからの生還』では、人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMO)を装着するとどうなるのか、装着にはどんな心構えが必要なのか、実に生々しくドラマ化されています。『もし自分だったらどうする?』そんな想像をしながらご覧いただければと思います」と語った。(ザテレビジョン)

【関連記事】