Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

90年代のファッション界を席巻した伝説的スーパーモデルたち…「1万ドル(約110万円)以下の仕事ならベッドから出ない」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 1992年9月号の『ハーパーズ バザー』の表紙には、「エレガンスの時代へ突入」の文字が踊っている。そして、この信条を体現したのは、数多くのトップモデルたちだった。  リンダ・エヴァンジェリスタ、ナオミ・キャンベル、シンディ・クロフォードといった80年代からの大物から、ケイト・モスといった新人まで、こうした多様な美は、業界向けの小難しい制約に取って代わり、ランウェイから世界的な舞台へと踏み出した。 【写真】あの人気モデル25人は、こうして発掘された! エヴァンジェリスタが「1万ドル(約110万円)以下の仕事ならベッドから出ない」と、1990年に投げかけた言葉はあまりにも有名だ。 ここに、財を成し、見出しを飾り、90年代のスーパーモデルの代表格となったトップモデルたちをご紹介しよう。

リンダ・エヴァンジェリスタ

究極の“カメレオン“の先駆者となった、カナダ人のスーパーモデルのリンダ・エヴァンジェリスタは、90年代を通してヘアスタイルを変え続け、そうすることで多くの見出しを飾った。黒髪のピクシーカットや、赤毛のボブ、プラチナブランドのセットなど、エヴァンジェリスタのスタイルは、何シーズンにもわたって無数のデザイナーたちの注目を集め、彼女をキャンペーンの顔にしたり、ランウェイショーの中心として起用したりした。

ナオミ・キャンベル

キャンベルはキャットウォークの女王だ。ビヨンセが自身の曲『Get Me Bodied』で、「ナオミ・キャンベルのように部屋を歩いて」とリスナーを鼓舞し、彼女特有の歩き方を不滅のものにしたほどだ。そして、イギリス生まれのスーパーモデルである彼女は、大成功したものの、トップへの道のりは逆境と向かい合わせだった。ランウェイや広告、雑誌の撮影では、しばしばたったひとりの黒人モデルだった。輝かしいキャリアを通じて、彼女は、世間に広まっていたイメージを覆すために戦ってきたのだ。

クリスティ・ターリントン

エヴァンジェリスタやキャンベルとともに、ターリントンは、ファッション界が「三位一体」と呼んだものを完成させた。 カリフォルニア州オークランド生まれの彼女は、フロリダを拠点にモデル業をスタート。しかし、モデル界の頂点に立つ彼女の支配が確固としたものになったのは、18歳でニューヨークへ移ってからだ。 何年にもわたり、ターリントンは学業のために休業し、ニューヨーク大学ギャラティン校を優秀な成績で卒業。現在、彼女はチャリティ組織「Every Mother Counts」の活動に尽力。この組織の使命に関する声明によると、これは「あらゆる場所にいるすべての母親の妊娠と出産を安全なものとする」ための活動だそうだ。

【関連記事】