Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

どうすれば2メートルを保てる? 世界のユニークな「ソーシャル・ディスタンス」のアイディア

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、世界各都市でしかれていたロックダウンが徐々に緩和、解除されつつある。しかしながら、今後もなお爆発的感染の第二、第三波の恐れがあり、抗ウィルスワクチンや治療薬の開発には、しばらく時間がかかるとされている。 日常生活でのさまざまなニューノーマルが浸透している中、「ソーシャル・ディスタンス」も今回のパンデミックをきっかけに生活に入り込んできた言葉だ。 自分が感染しないため、他人を感染させないため、そして社会での感染拡大を防ぐために有用な方法としてアメリカのCDC(疾病管理予防センター)などが推奨。引き続き6フィート、およそ腕2本分の距離を他人との間に取るよう、密接や密集を防ぐよう呼びかけられている。

企業のロゴもソーシャル・ディスタンシング

ソーシャル・ディスタンスという言葉がまだ出始めたばかりのころ、世界的企業がロゴマークをソーシャル・ディスタンス仕様にし、話題になったことを覚えているだろう。見慣れたファーストフード・チェーンのロゴやスポーツメーカー、飲料メーカーのロゴもバラバラになり、人々にソーシャル・ディスタンシングを呼びかけた。 しかし正直なところ、当時は6フィート(日本では2メートル)やソーシャル・ディスタンスと言われてもピンとこなかった人も多かっただろう。

ソーシャル・ディスタンスの取り方

現在ニューノーマルとして定着しつつあるのが、街で見かける「ソーシャル・ディスタンス」のデザインだ。 例えば日本のスーパーやコンビニで足元に書かれたサインを目印に、他人との距離を開けてレジに並ぶよう指示されている。当初は戸惑う人も多く、間違えて列に割り込んでしまった経験もあったが、今ではすっかり習慣になったことだろう。

一方海外でも、各都市で独自の取り組みが導入され、新しい街の風景になっている。 イタリアの小さな町ヴィッキオでは、街の中心広場に四角のデザインをプリントし、正しい他人との距離感を提唱。 ニューヨークのブルックリンにあるドミノ・パークでは、芝生に白く丸い枠を描いたところ人々が自然とその中で寛ぐようになり、自然とソーシャル・ディスタンスを保つようになった事例がある。ソーシャル・ディスタンスが人々の意識の中に植え込まれていたために、強要されずとも自然と白い枠の中へと誘導されていた好例で、行動学的にも興味深い。 同様にイギリス・バーミンガムの公園では、2メートルの間隔で意図的に草刈をして人の立ち入りを制限、人々に「2メートル」に関する意識を高めたとしている。

【関連記事】