Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“美しさ”と“居住性”どっちを選べば良いのか? 最新SUVの悩ましい選択肢事情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GQ JAPAN

アウディの新型SUV「Q3」に大谷達也が試乗した。新たに設定されたスポーツバックとの違いなどをリポートする。 【写真を見る】新型アウディQ3&Q3スポーツバックの詳細(33枚) 両モデルの違いをチェック

デザインと居住性の違い

フルモデルチェンジして2代目に生まれ変わったQ3には、典型的なSUVデザインをまとったモデル(今回の試乗車)と、クーペライクなスタイリングの「スポーツバック」の2タイプが設定されている。このうちスポーツバックの魅力については別立ての記事で紹介したが、果たして本命ともいえるSUVの仕上がりはどうなのか? ここではQ3のラインナップ全体を見渡し、各モデルの“お勧めポイント”を紹介したい。 まずはQ3 SUVについて。私はここで便宜的にQ3 SUVと書いたけれど、正式な車名にSUVの文字は見当たらず、単にQ3と呼べばSUVボディを指すと考えていただきたい。 そのデザインはQ3スポーツバックとよく似ていて、ほかのブランドではありえないほどシャープなキャラクターラインが与えられたボディは実に前衛的で未来感が漂う。都市にぴったり似合うデザインといってもいいだろう。 一般的にいってSUVクーペに比べるとSUVのデザインはフォーマルで、どこか野暮ったいイメージがつきまとうが、新型Q3の場合はこのキャラクターラインに救われて野暮ったい印象が薄い。このまま“クラブ”(銀座のママがいるほうではなくDJが活躍するほう)に出かけても仲間にすんなりと受け入れてもらえそうだ。 ボディ形状の違いは室内スペースにも影響を与える。通常、ルーフが後ろにいくに従って下降するクーペは後席のヘッドルーム、つまり頭上の空間がセダンに比べて少し狭い。 SUVについてもおなじことがいえて、一般的にいってSUVクーペに比べるとSUV(ややこしい!)のほうがリアのヘッドルームは余裕がある。では、Q3とQ3スポーツバックでどのくらい違うかといえば、Q3の後席に私が座ると頭上に拳ひとつ分のスペースが残るが、Q3スポーツバックではこれが拳半分になる。 ただし、頭の上のスペースなんて、実際に視線を上に向けないとわからないから、普通に座っている限りは拳ひとつ分でも拳半分でも大きな違いはないだろう。もっとも、これは身長が私とおなじ171cmほどの人に限った話で、身長180cmの人を乗せたら、SUVはOKだけどSUVクーペだと頭が天上にぶつかるということになりそうだ。 私は、仕事柄よくこういう記事を書くが、じゃあ、自分がQ3とQ3スポーツバックのどちらかを買うとして、「Q3スポーツバックの場合、171cmまでしか乗れないからQ3にしよう」とは絶対にならないと思う。Q3スポーツバックが好きな人は、後席に腰掛けた大男に文句をいわれようとなんだろうと、きっとQ3スポーツバックを買うだろう。だから、ボディの違いに関していえば、あくまでもデザインの好みで選べばいいと思う。

【関連記事】