Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不要な実家を相続放棄することはできるのか? 所有権放棄の法改正の方向性を解説! 

配信

ダイヤモンド不動産研究所

「空き家になっている親の実家を"相続放棄"したいが、引き取ってもらえるか?」こんな悩みを持つ人が多くなっていると聞きます。実際、「相続放棄・所有権放棄」については、2019年末の法務省法制審議会 民法・不動産登記法部会「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)等の改正に関する中間試案」で議論されていますので、 相続放棄・所有権放棄の現状と今後の法改正の方向性について、具体的に解説していきます。(ファイナンシャルプランナー・佐藤益弘) 価値のない土地を相続せず、引き取ってもらえるのか?

所有者不明土地問題のさまざまなケース

 所有者不明土地問題の現況について、前回まで2回に分けてお伝えしました。今回からは、以下のような所有者不明土地に関する具体的なケースについて、5回に分けて解説していきます。 【関連記事はこちら】>>「所有者不明土地」とは? 増加する理由や、その問題点について詳しく解説! 【ケース1】 ・使い道や経済的な負担を考え、空き家になっている親の実家を「相続放棄」したいが、引き取ってもらえるか? 【ケース2】 ・子供のためにおじいさんの登記(名義)になっている土地を自分のモノにしたいが、いとこ(亡くなったおじさんの子供)がどこに居るかわからないので話し合えない 【ケース3】 ・兄弟姉妹で共有名義になっている両親の実家(空き家)を処分したいけれど、1人だけ反対されて困っている 【ケース4】 ・管理不全の状態になっている近隣の土地があり、地域全体で対応したいが、誰が持ち主なのかわからず困っている 【ケース5】 ・隣地から木の枝が越境して迷惑なので切除したいが、了承してくれない  このような問題が解決しないため、結果として管理不全の空き家や空き地が増え、地域、ひいては社会全体の問題となっています。現在、国はこれらの問題に対して法整備を進めている最中です。そのため変更も予想されますから、一歩先読みするために、現時点(2020年5月)の情報をベースにお話していきたいと思います。  まずは、悩まれている人も多い「相続放棄・所有権放棄」に関する現状と今後についてお伝えしていきましょう。

【関連記事】