Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトバンクの次なる育成の星候補、砂川リチャードに刮目せよ!「ポスト松田」に素質抜群

配信

REAL SPORTS

5年で4度の日本一、近年の日本野球界で最も成功している球団といっても過言ではない、福岡ソフトバンクホークス。その原動力はなんといっても屈指の厚い選手層だ。これまでにも数々の育成出身選手を育て上げてきた常勝軍団に、新たな「育成の星」が誕生するかもしれない――。 (文=花田雪)

1軍出場は無しも、王貞治氏に高く評価される将来性と素質

千賀滉大、甲斐拓也、石川柊太、周東佑京、牧原大成――。 これまでも多くの「育成出身」選手を1軍レギュラークラスに育て上げてきた福岡ソフトバンクホークスに、また新たな「育成の星」が生まれるかもしれない。 宮崎県・生目の杜運動公園野球場で行われたソフトバンクの春季キャンプ。 A班がメイン球場として使用するアイビースタジアムでは、内川聖一、松田宣浩、今宮健太、周東佑京といった、昨季日本一に貢献した選手たちがシートノックを受けていたが、そこにひときわ目立つ大柄な選手が一人、交じっていた。 背中には、「育成選手」の証でもある3ケタの背番号「127」。 入団3年目を迎える、砂川リチャードだ(今季より登録名をリチャードに変更)。 189cm、112kgの堂々たる体格は、遠目で見ても迫力十分。ノックでは松田宣浩と共にサードのポジションに入っていたが、大柄な体格のわりに動きも良い。スローイングでは強肩ぶりも披露し、スタンドから歓声が沸くシーンもあった。 沖縄尚学高校から2017年育成ドラフト3位で入団したリチャードだが、入団2年目の昨季は2軍でも8試合出場、13打数1安打、打率.077の記録しか残していない。 それでも、3軍戦ではチーム最多の11本塁打、アジア・ウィンター・リーグでも3本塁打を放つなど、その将来性は王貞治球団会長も高く評価している。 フリーバッティングでは粗さも見えたが、ツボにはまった時の飛距離は日本人のそれではない。比較の対象はむしろ、新加入のウラディミール・バレンティンやキューバの主砲でもあるアルフレド・デスパイネだろう。 グラウンドでは打撃練習を終えるたびに、立花義家1軍打撃コーチがつきっきりで指導。育成選手ながらキャンプでA班に抜擢されたことも含め、周囲の期待値は高い。 オフの自主トレでは同郷の先輩・山川穂高に師事するなど、着々と成長中だ。 多くの育成選手を抱えるソフトバンクにおいて、リチャードがキャンプA班に抜擢され、練習試合、オープン戦と1軍に帯同している理由は明らかだ。 誰がどう見ても「素質」があるのは間違いない。あとは、それをいかに開花させることができるか――。

【関連記事】