Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

内海桂子が残した「宝物」19歳で妊娠、満州慰問、夫がヒロポン…波乱の人生が鍛えた「プロ意識」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

2020年8月22日、女性漫才師で漫才協会名誉会長の内海桂子さんが多臓器不全のため、97歳で天国へと旅立った。1938年に漫才師として初舞台を踏み、戦時中は外地慰問にも出向いた。戦後は団子を売って歩き、ホステスとして働き、一回り以上離れた相方・好江さんとコンビを組んで女流漫才師の頂点に立った。時代に翻弄(ほんろう)されながら、波乱万丈の人生を送った桂子さんの軌跡をたどる。(ライター・鈴木旭)※以下敬称略 【画像】内海桂子さんツイッター「中の人」の画像はこちら フォロワー49万人!最後の更新は…

実は銚子生まれの“私生児”

浅草の“生き字引”として知られる内海桂子だが、実は千葉県の銚子生まれ。本人さえ、20歳の頃まで浅草生まれだと信じて疑わなかった。 この事実に気づいたのは、満州(現・中国東北部)への戦地慰問にあたり、必要な書類を揃えるタイミングだった。浅草区役所から受け取った戸籍抄本には「銚子生まれ」とある。しかも、父親の名前は空欄。つまり、桂子は私生児だった。 程なく母親を問い詰めると、バツの悪そうな顔で「駆け落ちしたのよ」と口を開いた。その時、母親は三番目の夫と一緒だった。誕生日すら実際の日付として登録されておらず、届けの日付はその翌年になっていた。(正しい誕生日は大正11年9月12日、戸籍上は大正12年1月12日) 著書『桂子八十歳の腹づつみ』(東京新聞出版局)の中で「いい加減なものです」とこぼしているが、桂子がしっかり者に育ったのは家庭環境によるところが大きいのかもしれない。

小学校3年生で年季奉公

桂子の芸事に対する興味は、小学校3年生の三学期から「年季奉公」に出たタイミングで湧き上がった。 奉公に出た理由は、桂子が「どこにも居場所がない」と感じていたからだった。母親が三番目の夫の子を宿すと、桂子は新大久保にある知人にあずけられた。学校に通うこともできず、マッチのレッテルを張らされたり、サンドウィッチマンをやらされたりする日々が続き、やり切れない思いが募っていたのだ。 母親に「奉公に出るよ」と伝えたところ、間もなく桂庵(今でいう私設の職業紹介所)の紹介を受け、神田錦町にある老舗蕎麦屋「更科」で子守奉公をすることになった。 当時の神田は、オシャレな店が並ぶハイカラな街。奉公をしていた店の前に「河合キネマ」という活動写真館(今でいう映画館)があり、店の坊ちゃんをそそのかしては、よくそこに入り込んだ。桂子は活弁士(無声映画の上映中に内容を解説する者)やお囃子に興味津々で、店の番頭が探しにきても客の足元に隠れて見続けた。 5年を予定していた年季奉公は、1年半ほどで終わった。店の旦那が、幼すぎる桂子を気遣ってのことだった。南千住の家に戻ると、母親から「芸は身を助くというから、三味線と踊りを習ったらいい」と促され、芸人修業の日々が始まった。

【関連記事】