Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐賀の伝統校が勝ち切る 佐賀東が2-1で飯塚に勝利

配信

高校サッカードットコム

 佐賀の伝統校が勝ち切った。2月15日、九州高等学校(U-17)サッカー大会(30分ハーフ)の1日目が福岡県の同フットボールセンターなどで開幕し、佐賀東が飯塚を2-1で下した。 【フォトギャラリー】飯塚vs佐賀東  4チーム×4組のグループリーグと各組上位2チームが挑む決勝トーナメントで覇権を争う今大会。「(県大会とは違った雰囲気やレギュレーションだったので)力を発揮するのが難しかった」と中辻喜敬監督が振り返った飯塚を尻目に、序盤から佐賀東が主導権を握る。高い位置でボールを奪うと、ショートカウンターからチャンスを創出。左サイドハーフに入った高校選抜候補の小屋諒征(2年)らが、何度もゴール前に侵入していく。15分には小屋の右CKを寺崎朋範(2年)が頭で折り返すと、阿部羽弥(2年)がヘディングでネットを揺らして先制に成功した。  直後の20分に飯塚の赤嶺泰地(2年)の左クロスからオウンゴールを許したものの、以降もペースを握る。とりわけ、光ったのは守備面だ。本来は細かいパスワークを身上とするチームだが、球際の強さや素早い攻守の切り替えを実行。「日本一をとった静岡学園は切り替えの速さが凄かった。日本一を取った理由が分かる」と蒲原晶昭監督が指揮官を任されている高校選抜で感じた全国レベルの戦い方を選手に伝え、アグレッシブに戦っていく。  迎えた後半も統率の取れた守備でボールを奪うと、ショートカウンターで敵陣に侵入。すると、53分だ。途中出場の吉田陣平(1年)が平川周汰(2年)の左クロスに頭で合わせて勝ち越した。  以降も流れを相手に渡さなかった佐賀東。リードを守り切り、初戦を勝利で飾った。午後に行われた創成館との第2戦は1-2で落としたものの、2日目に期待ができる内容だったのは確か。明後日の決勝トーナメント進出を懸け、神村学園との最終戦に挑む。一方の飯塚は佐賀東に敗れたものの、神村学園との2戦目を4-0で制し、大会初勝利を掴んだ。グループリーグ突破を目指し、最終戦では創成館と対戦する。

【関連記事】