Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スウィング研究の第一人者が語る飛ばしの要素「ディレイリリース」ってなんだ!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

2019年のレッスン・オブ・ザ・イヤー受賞した、ヤン・フー・クォンと吉田洋一郎が、自宅にいながら最新のゴルフ理論や練習方法を学んでもらおうと、「80を切るためのオンラインセミナー」というタイトルで、中上級者を目指すアマチュアに向けたセミナーを開催した。そこで語られた飛ばしの秘訣を紹介! キャメロン・チャンプのドライバー連続写真

飛ばすための「3つのポイント」とは?

「驚異の反力打法」(編注:クォン教授と吉田洋一郎の共著)を読んでいただいている方ならご存じの通り、クォン教授はゴルフスウィング研究の第一人者です。 そんなクォン教授がCGやビデオ映像も使いながら、地面反力はもちろん、飛距離を出すためにどのように体を使って力を生み出すのかについてレクチャーを行いました。 クォン教授はスイング研究のために開発した「クォン3D」のCGを動かしながら、力の方向や大きさを可視化してくれました。普段は目に見えない力を、イメージとして目で見て理解することは大切です。視聴していた方々からも「本で読んだ内容を動画で見て、はっきりとイメージできるようになった」との声をいただきました。 今回クォン教授は飛距離を伸ばすために3つのポイントを紹介してくれました。まずは、セミナーの冒頭部分でその3点について説明している翻訳を以下にご紹介します。 「距離を伸ばすためには、何よりもまず理論的にスウィングスピードを上げなくてはいけません。もちろんボールを上手くシンプルにインパクトすることも大切ですが、まずは理論的なアプローチをしっかり取ることが重要です。 私は今回のセミナーを3つのエリアに分けたいと思います。1つ目は、地面を上手く捉えること・下半身をうまく使うことです。あなたがスウィングの時に、リズミックな動きでステップするなら、あなたは自然とスピードを上げることができ、結果的にショットの距離を伸ばすことができるでしょう。 そして、2つ目はアクティブなバックスウィングを意識する事です。 アクティブなバックスイングというのは単に腕を振るのではなく、背中全体を使った理想的なバックスウィングです。つまり、腕主導でのスウィングではなく、体幹主導のスイングを実践できれば、自然と地面を的確に捉えることが可能となり、飛距離アップの効果が期待出来ます。 3点目は手首又はクラブを遅れてリリースさせること(ディレイリリース)です。ディレイリリースの反対は、アーリーキャスティングと腕主導のダウンスウィングです。手首の角度を維持した上で、ボールをインパクト出来れば、合理的で速いスイングスピードを得ることができるでしょう。従って、体幹に対してクラブヘッドが先行する、またはキャスティングのようなモーションは避けなければいけないということです」

【関連記事】