Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イタリアの名門とトヨタがコラボ!? ド迫力の純正カスタムカー“ハリアー・ザガート”を振り返る

配信

MOTA

世界の名立たる名車を手掛けてきたイタリアの名門カロッツェリア

いよいよ6月。新型ハリアーの発売も間近ですが、ここで思い出しておきたい特別なハリアーの歴史をご存知ですか。 ■イタリアの名門とトヨタがコラボ! こんなハリアー見たことある!? アルファロメオやアバルト、フェラーリにアストンマーティンなど、世界の名立たる名車を手掛けてきたイタリアのカロッツェリア“ZAGATO”(ザガート)とのコラボモデル“HARRIER ZAGATO”(ハリアー ザガート)のことです!

▼トヨタハリアーの詳細は関連記事リンクをご覧ください▼

初代ハリアー発売後わずか半年で登場したハリアー・ザガート

今や手掛けていないメーカーを探すほうが難しいプレミアムSUV、その元祖のひとつと言っていい初代ハリアー(1997年12月発売)ですが、デビュー早々にこんなコラボをしていたのをご存知でしょうか。 イタリアの名門カロッツェリア“ZAGATO”(ザガート)と、トヨタの特装車を手掛けるトヨタモデリスタが手を組み誕生させた“HARRIER ZAGATO”(ハリアー ザガート)のことです。

デザインコンセプトは「イタリアン・ロケット」

初代ハリアーをベースにしたハリアー・ザガートは、ザガート社(正確にはSZデザイン社)が「イタリアン・ロケット」のコンセプトでデザインを担当。ハリアーデビュー直後の98年1月に開催された東京オートサロンで早くもプロトタイプ車を参考出品しています。 当時のプレスリリースによると、SZデザイン社とトヨタモデリスタとの共同開発はハリアーがまだ世に出る前の97年頃から始まっていたのだそう。そもそもハリアー自体が全く新しいジャンルのニューモデル。そこにここまでの手間をかけ、かつスピーディにカスタムカーを発売させたのだから、ハリアー・ザガートに対する期待の大きさが伺えます。

98年当時に専用のWebサイトまで用意した、トヨタモデリスタ渾身のカスタマイズモデル

ハリアー・ザガートは、ハリアーを生産するトヨタ自動車九州(当時)で架装を行うカスタマイズのコンプリートカーとして、ハリアーデビューのわずか半年後、1998年5月に発売を開始しています。 当時まだ珍しかった専用のインターネットサイト「ハリアー・ザガート バーチャルショールーム」まで用意されていたそうです。 ボディ全体を囲むザガート仕様エアロキットと専用のローダウンサスと18インチアルミ(タイヤサイズ:215/70R18)により、ベース車とはガラッと違う迫力があります。ボディサイズは全長4635mm、全幅1900mm、全高1640mm。ベース車は4580×1820×1670mmなので車高のみグンとダウン、全長と全幅はかなり拡大していることがわかります。 ボディカラーはスーパークロマレッド(写真)のほか、ホワイトパールマイカとブラックの3色が用意されていました。 ここまで手の込んだカスタムカーでありながら、価格は363万5千円。3リッター・FFモデルのみの設定で、限定200台の発売でした。今考えると、ちょっと激安過ぎる設定だったのでは!?

【関連記事】

最終更新:
MOTA