Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】大谷翔平、屈辱の693日ぶり投手復帰 1死も取れずに5失点降板、最速152キロ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

日米通じて自己最短KO、直球の最速152.4キロだった

■アスレチックス 6-4 エンゼルス(日本時間27日・オークランド)  エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、開幕3戦目の敵地・アスレチックス戦で今季初登板初先発した。2018年10月の右肘のトミー・ジョン手術後初、693日ぶりの公式戦登板だったが、1死も取れずに3四球3安打5失点で降板した。フォーシームの最速は152.4キロ。チームは4-6で敗れ、大谷は今季初黒星を喫した。 【動画】肩の開きが以前より早い!? 米記者が指摘した大谷翔平の2018年と2020年の投球フォームの違いを示す実際の映像  フォーシームは走らず、制球に苦しんだ。先頭・セミエンの中前打、ラウレアーノとチャップマンの四球で無死満塁のピンチを招いた。オルソンに押し出し四球を献上。カナには右前2点打を浴び、続くグロスマンには右前適時打を許した。ここで降板。30球を投げてストライク15球。1死も取れずに3四球3安打5失点した。日米を通じてワーストの投球。大谷は「腕がイマイチ振り切れていなかったのは全体的にあるかなと思います。ゲーム感というか、今日もただ投げているという感覚が一番なので。ゲームの組み立ての中で抑える準備をしたい」と反省を口にした。  2018年10月の右肘のトミー・ジョン手術後初の公式戦登板で、同年9月2日(同3日)のアストロズ戦以来693日ぶりだった。マドン監督は27日(同28日)の同カードで指名打者として起用する可能性を口にした。登板翌日の打者出場となればメジャー自身初となる。大谷は「反省するところはもちろん反省したいですし、明日以降も試合はあるので、まずは切り替えて打席に集中したいと思います」と前を向いていた。

Full-Count編集部

【関連記事】