Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『JIN-仁- レジェンド』綾瀬はるかの酔っぱらった姿に「かわいい」の声

配信

クランクイン!

 俳優の大沢たかおが主演し、2009年10月期と2011年4月期に放送されたドラマを再編集した『JIN-仁- レジェンド』(TBS系)が2日に放送され、綾瀬演じる咲がお酒に飲んで酔っ払った姿に「かわいい」「天真爛漫」などの声が相次いだ。 【写真】着物姿がかわいい「綾瀬はるか」フォトギャラリー  『JIN-仁-』は、江戸時代末期へタイムスリップしてしまった脳外科医・南方仁(大沢)が、医術を通して坂本龍馬(内野聖陽)らと交流を深めながら、支えとなる橘咲(綾瀬はるか)や花魁・野風(中谷美紀)らと共に幕末の動乱に巻き込まれていく壮大なヒューマンストーリー。2日は、2011年に放送されたパート2より第4話~第8話の5つのエピソードが編集され放映された。  ある日、野風から仁と咲宛に文が届く。そこには、フランス人のルロン(ジャン=ルイ・バージュ)と国際結婚することが決まったこと、そして2人に婚礼に来てほしいことが記されていた。  婚礼に出席するため横浜にいる野風の元に出向いた仁と咲。2人は野風とルロンと夕食を共にすることに。咲は初めてシャンパンを口にすると「ハっ!」と声をあげ手を口で抑え、驚きの表情で「こ、これは口の中でぞわぞわと…」と炭酸の刺激を表現。続いて供された赤ワインも一口で飲み干すと、咲は無邪気な笑顔を浮かべ「へへへ…」と声を上げる。  咲が西洋の酒を初めて飲み、酔いが回ってきた姿に、ネット上には「咲さんの新たな飲み物のリアクションがいちいちかわいい件」「咲さん、かわいい…!!! シャンパンのCMできそう」などの声が寄せられた。  すっかり酔っ払い足もおぼつかい咲は、仁によって宿泊する部屋へ連れて行かれることに。途中で倒れ込んだ咲は「良いのでございましょうか? 私も…幸せになりましても…」とつぶやくと、密かに想いを寄せる仁に詰め寄るように「私、オババになってしまいますよ…」と語り、そのまま眠ってしまう。  咲がすっかり酔っ払った様子に、ネット上には「天真爛漫な酔っ払い咲さん」「お酒がぶ飲み酔っ払い咲さん、かわいすぎる」といった反響も投稿されている。

【関連記事】