Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月15日(金)全国公開、映画「43年後のアイ・ラヴ・ユー」特報映像&本ビジュアル解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

ハリウッドの名優ブルース・ダーンの最新作「Remember Me」が、邦題「43年後のアイ・ラヴ・ユー」として、2021年1月15日(金)より、東京・新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて、全国公開されることが決定し、あわせて、特報映像、本ビジュアルが解禁された。 本作は、「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」以来初の、ブルース・ダーン主演作となり、名俳優のブライアン・コックスが親友役で共演している。 また、スペイン、アメリカ、フランスのスタッフが参加し、3ヵ国を横断して撮影された。 今回、解禁された本ビジュアルでは、「記憶が消えてしまった君に、もう一度“愛してる”と伝えたい」というキャッチコピーとともに、昔の恋人で、舞台女優のリリィ(カロリーヌ・シロル)がいる介護施設のベンチで、彼女をいとおしそうに見つめるクロード(ブルース)の、ほほえましくも、ロマンティックなビジュアルとなっている。 そして特報では、「今日から俺はボケ老人になる」と声高々に宣言する、クロードのコミカルなセリフから始まり、アルツハイマーのふりをして、昔の恋人に会いに行こうとするアクティブな姿から、必死で彼女の心を取り戻そうとほん走する真剣な姿、彼女と一緒にいるだけで幸せそうな姿、若い頃のように見つめあう姿が映し出されている。 ■ 映画「43年後のアイ・ラヴ・ユー」ストーリー 70歳のクロード(ブルース・ダーン)は妻を亡くし、LA郊外にひとりで住む元演劇評論家。親友のシェーン(ブライアン・コックス)と老後をおう歌していた。 ある日、昔の恋人で人気舞台女優のリリィ(カロリーヌ・シロル)がアルツハイマーをわずらわせて、施設に入ったことを知る。もう一度、リリィに会いたいと願ったクロードは、アルツハイマーのふりをして、リリィと同じ施設に入居するという一世一代の“嘘”を思いつく。 シェーンの協力のもと、ついにリリィと念願の再会を果たしたクロード。だが、リリィの記憶から、クロードは完全に消し去られていた。そんなリリィに、クロードは毎日のように、ふたりの想い出を語りかけるのだった。 ある日、昔、リリィが演じたシェイクスピアの「冬物語」を施設で観劇することになり、クロードは孫娘と一緒にある作戦を実行する。(ザテレビジョン)

【関連記事】