Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オードリー&アンタッチャブル“本格初共演” 大喜利で爆笑100個目指す奮闘に密着

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 昨年にコンビそろって結婚し、多数のレギュラー番組は好調、さらに『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)の2時間特番&追加回で特集されるなど、まさに“第2の黄金期”を迎えているお笑いコンビ・オードリー。 【ピンショット】新感覚大喜利番組にチャレンジしたオードリー&アンタッチャブル  2010年からコンビとしての活動を休止していたが、昨年末に『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ)で約10年ぶりに電撃復帰を果たし、日本中を大興奮させたお笑いコンビ・アンタッチャブル。  そんな人気コンビ2組が、100個の大喜利爆笑を取るまで出られない刑務所の囚人となり、脱獄に挑む日本テレビ系バラエティー『爆笑100個取るまで脱出できない THE芸人プリズン』が、11日に放送された。2週連続放送の後編となる18日(後1:30)の放送を前に、ORICON NEWSが独占取材した収録の様子を振り返りながら、爆笑の連続となったこの番組の魅力を改めて紹介する。 ■春日「緊張しているわけじゃないけど、きのうはあまり眠れなかった」  『M-1グランプリ2008』で一気に大ブレイクしたオードリーは、2010年に『年間テレビ番組出演本数ランキング』で1位を獲得し、テレビスターとしての地位を確立。一方、柴田英嗣の休養のためアンタッチャブルのコンビとしての活動がストップしたのも、おなじ2010年。そのため、若林正恭・春日俊彰・山崎弘也の3人は同局『スクール革命!』で長年レギュラーを務めてきたが、コンビとしての共演はほとんど実現してこなかった。  本人たちにとっても、お笑いファンにとっても待望の2組による初の本格共演、しかもガッツリと“お笑い”と向き合う大喜利番組だけに、期待と緊張が高まるなか、番組の収録がスタート。「大喜利で100個の爆笑を取らないと刑務所から出られない」「別室にいる24人の看守の笑い声で、爆笑かどうかをジャッジする」「大喜利のお題も自分たちで考えて、お互いに回答する」というシンプルかつ斬新なルールに、4人とも笑顔を見せながらも不安な表情をチラリとのぞかせていた。  若林が「ザキヤマさん、柴田さんそれぞれとはご一緒しますが、コンビそろっての共演は久しぶりですね」と切り出すと、柴田も「春日とは相性良さそうなんだけど、共演がなかなかないんだよね。嫌がってるんじゃないの?(笑)」と先輩らしくリラックスさせる。大喜利をジャッジする看守は別室におり、スタジオは4人だけの空間のため、春日が「笑う雰囲気じゃないね…」と漏らすも、山崎が「こういうこと言いたくないけど、俺たちが終わらなかった看守の人も帰れないからね(笑)」と笑いやすいムードを自然と作り上げていった。  それでもいざ大喜利が始まると、4人とも時事ネタを取り入れたり、お互いが過去のしくじりをイジったり、一つの爆笑をパターン化して転がしたり、さまざまなバリエーションの回答で次々と爆笑を獲得。「ストロングスタイルの番組なので、緊張しているわけじゃないけど、きのうはあまり眠れなかった」という春日だが、ふだんのテレビでは見せない大喜利力を発揮する姿もチラホラ。さらに、それぞれが持ち寄った写真にボケワードをぶつける「写真で一言」のような展開もあり、100個という高いハードルながらも単調にならず、リズムよく番組は進行していった。

【関連記事】