Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クルマ購入時に役立つ耳寄り話も!? 自動車販売店の意外な話&ナルホド話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベストカーWeb

    内部事情や実態がつかみにくい……。それはどこの世界にもあるものだが、普段私たちが接する新車の販売店(ディーラー)も、どうにもつかみづらいところだと思う。   しかしそこは実は「意外」「ナルホド」の宝庫。モータージャーナリスト・小林敦志氏が長年の取材から得た「意外」と「ナルホド」の話を大公開! クルマ購入に役立ちそうな情報も!   ※本稿は2020年8月のものです 文:小林敦志(モータージャーナリスト)/写真:Adobestock、ベストカー編集部 初出:『ベストカー』 2020年9月26日号

■「なかなかいい。これは売れる」とトヨタ系セールスマンをうならせているダイハツ車たち

    自販連(日本自動車販売協会連合会)による、2020年上半期(1~6月)の新車販売ランキング30位までに入っているトヨタのコンパクトカー(ライズ、ヤリス、ルーミー/タンク、アクア、パッソ)の合計販売台数は22万2993台。   そのなかでダイハツからのOEMの総販売台数は14万283台となり、全体の約62%。ダイハツOEMがかなり売れている。   トヨタとダイハツの共同開発だったパッソが現行型よりダイハツからのOEMとなり、それ以降ルーミー/タンク、ライズ……とダイハツからのOEMラインナップが増えている。   特にSUVのライズは、2020年上半期登録車販売台数のNo.1になるほど、バカ売れ状態だ。   現行パッソがデビューした当時は、「カタログではトヨタセーフティセンスではなくスマートアシストと記されていたりして、ダイハツからのOEMであることを、あえて説明する必要があり、売りにくい」といったトヨタのセールスマンの声もあった。   が、今では"そんなのお構いなし"とばかりの消費者の反応もあり、ダイハツOEMはヒット中だ。  ●ヤリスよりルーミー!?    一方でヤリスは統計上、月販平均台数こそ約8021台で好調に売れているように見える。が、現場のセールスマンからは「我々がそこまで売っている印象はまったくない。レンタカーへのフリート販売がメインとなっているようだ」との声も聞く。   後席やラゲッジの狭さに加え、内装の質感の低さもあり"売りにくい"とされているようだ。  「背が高く、スライドドアのルーミーとタンクのほうが、軽自動車のノウハウが生かされていることもあり、実用性が高く、しかも買い得感も高い。ダイハツのコンパクトカーのほうが出来はよく売りやすい」との声も聞く。   ただ販売戦略の違い(軽自動車最優先)というのもあり、ダイハツ店ではダイハツブランドのロッキーやトールなどの販売は苦戦が続いている。   実力だけでなく、トヨタブランド車として圧倒的な販売ネットワークを駆使することで「こんないいクルマがあったんだ」と、消費者に広く認知される"トヨタとダイハツのチームワークの勝利"といっても過言ではないだろう。

【関連記事】