Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初代ホンダNSXの偉大さとは何だったのか? 極上のタイプSから見る“スーパーカーの革命児”の今(俳優・永山絢斗の“ヤングタイマー”探訪記)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GQ JAPAN

取材車は、ホンダの純正アクセサリーを手がけるホンダ・アクセス社が所有する1台。しかも、1997年に追加された軽量化グレード「タイプS」だ。

今なら1500万円以上!?

【関連記事】