Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国民年金と厚生年金の違いとは? 支給されている国民年金はいくらなのか解説

配信

ファイナンシャルフィールド

国民年金に関するQ&A

Q1 学生も加入するの? A1 基本的に日本国内に住む20歳から60歳までの人は、国民年金に加入する義務があります。よって、収入がない学生であっても、加入する必要があります。ただし、一定の要件を満たせば、「学生納付特例制度」を受けることができます。 Q2 海外に移住しているが、国民年金は払う必要ある? A2 海外に居住することになった場合は、国民年金は強制加入保険者ではなくなりますが、日本国籍の方であれば、国民年金に任意加入することができます(※5)。 また、任意加入することで、老後もらえる年金額を増やすことができます。 Q3 老齢基礎年金と国民年金は一緒ですか? 名前が何で違うの? A3 老齢基礎年金とは、国民年金や厚生年金保険などに加入して保険料を納めた方が受け取る年金のことを指すもので、加入期間に応じて年金が計算されるものです(※6)。 これに対して、国民年金とは、日本に住む20歳以上60歳未満の人が原則として全員が加入する義務のある年金制度を指すものです。多くの場合、両者は、基本的に「同じ意味」として用いられます。

まとめ

国内在住の20歳以上60歳未満の方は、必ず「国民年金」に加入する義務があります。そして、会社員などの場合は「厚生年金保険」や、場合によっては「企業年金」にも加入することになります。将来受け取れる年金額にも影響するため、自分がどういった年金に加入しているかを把握することが大切になります。 【出典】 (※1)厚生労働省「厚生年金保険・国民年金事業の概況 平成30年度」 (※2)日本年金機構「Q.国民年金の保険料はいくらですか。」 (※3)日本年金機構「国民年金保険料の変遷」 (※4)厚生労働省「平成30年度の国民年金の加入・保険料納付状況」 (※5)日本年金機構「国民年金の任意加入の手続き(日本の年金制度への継続加入)」 (※6)日本年金機構「『老齢基礎年金』と『老齢厚生年金』の違いは何ですか。」 執筆者:伏見昌樹 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルフィールド編集部

【関連記事】