Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いま注目すべきは日本! ジャパンブランド発信の和を感じるモノ4選!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MonoMax Web

読者のみなさんには好きなブランドはありますか? ヨーロッパ系? それともアメリカブランド? はたまたアジア? 今や世界中にブランドが存在し、しかも現地までいかなくてもそれらがクリック1つで手に入る時代になりました。 その一方、いま注目を集めているのが、日本ブランドが発信する、日本ならではの魅力を備えたアイテム群です。 日本が持つ伝統的な技術を生かしたり、古くからある素材を取り入れ表現してみたりなど、伝統を現代に合わせてアップデートするという、温故知新の精神が感じられるものが多く見かけられます。 それらを“ジャパンブランド発信! 和を感じるモノ”と称して集めてみましたので、ジャンルを問わず紹介していきたいと思います!

1 600年以上続く伝統製法を財布で表現したのがコレ!

こちらは池之端銀革店のブランドであるクランプの財布です。 見た目にもインパクトのあるL字ジップウォレットですが、特徴はモチロン素材にあります。 ベースとなるレザーにはスクモレザーという素材が用いられているのです。 これは国選定無形文化財である徳島県の阿波藍を使い、京都で天然灰汁建本藍染という手法を用いて染め上げた、世界でも稀有な天然本藍染革のことを言います。 スクモとは藍の葉を発酵・熟成させて作る天然素材のことで、約600年以上続く伝統製法です。 さらにすごいのがここからです。 徳島県の阿波地方に現在5軒しか残っていない藍師の一人である、外山良治氏の藍畑で育ったスクモを使用し、京都の浅井ローケツの二代目・浅井直幸氏による伝統的な天然灰汁建本藍染で染色したものがこのスクモレザーなんです。 この染め方は四季に左右されることなく一年中藍染めができる手法で、藍染革とは思えないほどの発色のよさと奥行きのある美しさが特徴です。

中を開けてみるとこんな感じです。 これだけなら一般的なL字ウォレットですが、この財布の真骨頂はここからです。 なんと、カード入れが外に出せます! 実はこの財布は札入れ3、カード入れ10、小銭入れ1と収納力に非常に優れており、かなりの高スペックなんです。 反対側にもカード入れが付いていますし、このサイズ感では圧倒的な収納力かと思います。 お札も折らずに収納できるジャストサイズなのも嬉しいです。 小銭入れも大きく開くので、見やすく取り出しやすさも抜群。 とにかく薄いのに収納力が豊富で実用的でした。 使っていくうちに経年変化もしてくると思うので、それも楽しみな一品です。 ブランド名:cramp(クランプ) モデル名:SUKUMO Leather藍染め L字ファスナーミドルウォレットSKM-001 素材:スクモレザー サイズ:W18×H10×D1.5cm カラー:籠絞り・藍・花浅葱・縞 ※天然革を使用のため、一つ一つ柄の入り方や色味が写真と異なります。予めご了承ください。 その他:札入れ3、カード入れ10、小銭入れ1 ¥40000(税抜)

【関連記事】